テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/05/08
  • Motor Fan illustrated編集部

マウザー:チップ1個のみで最高水準の車載機能安全グレードASIL Dを達成した、インフィニオン社のTLE5501 XENSIV TMRセンサの取り扱いを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
マウザー・エレクトロニクスは、インフィニオン テクノロジーズのTLE5501 XENSIV 磁気センサの取り扱いを開始した。TLE5501は、Infineon社が業界で初めて提供する、トンネル磁気抵抗(TMR)技術をベースとした磁気センサ。ワイパー、ポンプ、アクチュエータなどの車載用ブラシレスDC(BLDC)モータ整流のほか、電気モータのステアリングアングルセンシングおよび統合に最適。

 マウザーより購入可能な、Infineon TLE5501 XENSIV磁気センサは、幅広い車載用途に向けてAEC-Q100認証を取得している。E0001バージョンは、Infineon TLE5009角度センサとピン互換性を備えており、E0002バージョンは高い機能安全性に向けてISO26262に準拠している。またE0002は、1個のセンサチップのみで最高水準の車載機能安全グレードASIL Dを、角度センサにおいて達成した最初の製品だ。

 TLE5501は、最大0.37V/Vという強力な出力信号により、直接マイクロコントローラに接続可能。高い出力電圧により、追加の内部アンプなしでマイクロコントローラに直接接続できるので、低消費電力で低コストのソリューションを実現する。デバイスは、約2mAの供給電流、20mT~100mTの磁界範囲を特長としている。

 またTLE5501は、差動正弦および余弦出力機能を搭載したディスクリートブリッジを内蔵している。両バージョンとも、全温度および製品寿命にわたり角度誤差(Typ)1.0°を達成し、E0002はデカップリングブリッジの搭載により、高い診断範囲と冗長な外部角度計算を実現する。

 TLE5501 XENSIV磁気位置センサは、安全性を重視する車載アプリケーション向けだが、ロボット、ジンバル、オートメーションなど産業用アプリケーション向けにも適している。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated