テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > カタログ > BMW > 5シリーズ > Suspension Watch:BMW 5 SERIES(G30)のサスペンションを解説する
  • 2019/06/14
  • MotorFan編集部

Suspension Watch:BMW 5 SERIES(G30)のサスペンションを解説する

Suspension Watch:BMW 5 SERIES(G30)

このエントリーをはてなブックマークに追加
BMW 5シリーズ(G30型)
BMWのEセグ・セダン、5シリーズ。現在の5シリーズは、G30型という型式だ。さて、そのBMW 5シリーズの前後サスペンションをどうなっているのか?
PHEVモデルのベアシャシー

 BMWらしい並行ロールの源となっているダブルウィッシュボーンとマルチリンクの組み合わせ。上方へと伸びる大きなナックルでアッパーアームを高い位置に置くというフロントサスペンションの手法はこのクラスとしては標準的なものだが、そのナックルは比較的湾曲が小さく直線的な形状で、アッパーアームもシンプルな形状と、軽さと剛性を重視していると思われる。フロント、リヤともにサブフレームは堅牢な造りで、ボディへの取り付け方法にも工夫が凝らされている。

FRONT:ダブルウィッシュボーン式

 シンプルで合理的な形状のアッパーアームに対し、ロワーアームはIアームとバナナ状に大きく湾曲したアームの二本を組み合わせるという構成。ダンパー/スプリングユニットのアッパーマウントはスプリングシートを支えながらダンパーロッドのマウントも兼ねる、入力集中型の構造を採る。サブフレームはステアリングラックを間に挟む二段構造となっており、アンチロールバーはリンクロッドを介してダンパー下部に連結。

REAR:マルチリンク式

 中空構造のアルミキャスト製サブフレームが目を引く。その大きさもさることながら、サブステーとボディの間に挟み込むかたちとする前側マウント部の構造にも注目。上下二本ずつのアームは、部位や形状によりアルミ鋳造品とスチール板金製を使い分けるかたちとなっている。多くのアーム類が連結されることから複雑な形状となるナックルはアルミ製。電動アクチュエーターを備えるアンチロールバーや、電動式の後輪操舵機構などで、操安と乗り心地の両立を狙う。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ情報


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated