Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • Motor-Fan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース
  4. ボルグワーナー

ボルグワーナー:日産自動車製SUVおよびピックアップ用 トランスファーケースを供給

  • 2021/01/28
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルグワーナーは、日産自動車が生産するピックアップトラックのナバラおよびSUVのパラディン向けに高耐久型のパートタイム・トランスファーケースを供給する契約を締結した。

 これにより、ボルグワーナーは初めて日産にトランスファーケースを供給することとなり、同社との既存のビジネスを大きく発展させることになる。このトランスファーケースは走行中でもハイ・ローの切り替えが可能で、電動モーターにより、ドライバーは異なる駆動モード間を素早く、滑らかに、また正確に変速することが可能。

 パートタイム・トランスファーケースには、二駆ハイ、四駆ハイ、四駆ローを含むさまざまな走行モードがある。通常、舗装された乾燥路面では二駆ハイ・モードが使用され、積雪地や平地のオフロードなどを走行する際は四駆ハイが選択される。また、四駆ローは凹凸の激しいオフロードや急勾配の上り下りに使用される。
ボルグワーナー製トランスファーケースの高度なソリューションにより、あらゆる走行モードで優れた性能を発揮し、ドライバーが二輪駆動と四輪駆動を切り替えることが走行中でも可能。

 本トランスファーケースは騒音・振動・ハーシュネス(NVH)が低く抑えられており、路面状況にかかわらず優れたドライバビリティを実現する。また、二輪駆動と四輪駆動の切り替え時間が僅か0.7秒以下、ハイ・ロー切り替えも1秒以下。質量を最適化するため、ケースやカバーはアルミダイカスト製となっており、優れた検知能力と高い機能安全性により、ガソリン、ディーゼルいずれの内燃機関との組み合わせにも適している。

 ボルグワーナー・トランスミッション・システムズの社長兼事業本部長のフォルカー・ウエング博士は「ボルグワーナーの定評のあるトランスファーケース技術を日産のさまざまなプラットフォーム向けに供給する機会を得たことは大変名誉なことです。全輪駆動ソリューションを開発してきた経験を生かすことにより、弊社は動力性能などのパフォーマンスを引き上げるパートタイム・トランスファーケースを提供することができます。この分野でのコラボレーションは日産とは初めてのことであり、今後も優れた技術、高い品質や付加価値などを提供することにより、日産のビジネスに貢献していきたいと思います」と述べている。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ