MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/25
  • ニューモデル速報

マツダが「スクラムトラック」を一部改良

軽トラックへの安全装備搭載のトレンドに対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダが販売する軽トラック「スクラムトラック」が、衝突被害を軽減する誤発信抑制機能を搭載してより安全に

 軽トラックにも安全装備の搭載がトレンドとなってきたが、マツダの「スクラムトラック」も今回の一部改良で「誤発進抑制機能(前進時/後退時)」をマツダの軽トラックとして初採用した。
 車両前後に装備した計4つの超音波センサーが障害物を検知して誤発進を抑制する。
「KX」の全車に標準装備、「KCエアコン・パワステ」のAT車にメーカーオプション設定(16万2000円)される。今回の一部改良は当該装備以外の変更はない。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る