MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

カワサキ Ninja400はなぜ人気? CBR400RとYZF-R3と比べてみた【400cc比較】

  • 2018/08/14
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の400ccモデルカワサキ・ニンジャ400のライバルといえば、同じ水冷4ストローク2気筒400ccエンジンを搭載したホンダCBR400RRと、排気量はやや小さな320ccのヤマハYZF-R3。これらの諸元を比べると、ニンジャ400の特徴が見えてきた。
REPORT●北秀昭(KITA Hideaki)

カワサキ ニンジャ400(メタリックスパークブラック)……699,840円

 今年2月に発売されたばかりの新型ニンジャ400が今、自動二輪普通免許ユーザー(~400ccまで乗車可能)を中心に熱い視線を浴びている。その理由は、パワフルなエンジンや強靭な足周りに加え、コンパクトな車体、そして高いコストパフォーマンスにあるようだ。前モデルやライバル車と比較しながら、新しいニンジャ400の魅力を探ってみよう。

 新型となる2018年モデルの見どころの一つは、2017年モデルの44psから48psにパワーアップしたエンジンである。これに加えて、250ccクラスに匹敵するよりコンパクトになった車体もポイントだ。

写真は2018年モデルの外装、シート、タンクなどを取り外したところ。

 2017年モデルのニンジャ400のフレームは、ニンジャ650と共通。一方、2018年モデルのフレームや外装、足周りなどはニンジャ250と基本的に同じ仕様。それに伴い、車体は大幅にコンパクトになり扱いやすくなった。それを数値で見てみると……。

 2017年モデルのニンジャ400のボディサイズは全長2,110mm×全幅770mm×全高1,180mmのビッグサイズ。一方、2018年モデルは全長1,990mm×全幅710mm×全高1,120mmまでスモール化。ホイールベースは1,410mmから1,370mmに短縮され、タイトなコーナーでも軽快な走りが可能だ。

 大幅に軽量化された重量も見逃せないところ。ニンジャ250が166kgなのに対して、ニンジャ 400はわずか1kg増の167kg。パワフルなエンジンに加え、250ccクラス並みの軽さが新型ニンジャ400が人気な理由の1つにもなっている。

■■■過去のニンジャ400インプレッション記事から抜粋■■■
「車体を扱う感触も跨がった時の印象や足着きもほとんど同じだが、タンク内でガソリンが揺れた時の挙動が若干異なって感じられた。車重は1kg 重いだけだが、400 は少し落ち着きがある雰囲気。そして走り始めると、両者には明確な違いがあることに驚かされる。極端な差ではないが乗り心地にはそれぞれのイイ「味」が発揮されていたのだ。
一言で表すならば、当然のごとく「エンジンのパフォーマンスの差」である。特に5000rpmを超えた当たりから1万rpm超えまでは実に頼りになる太いトルクが存分に楽しめる。市街地、郊外の峠道、そして高速まで、右手のひと捻りで得られる加速力は十二分に速く、かつ走行中も十分なゆとりがある」

インプレッション記事全文はコチラ「ニンジャ250/ニンジャ400、乗り比べで判明した400のガチの魅力」

ニンジャ400 KRT Edition(ライムグリーン×エボニー) ……710,640円
ニンジャ400(キャンディバーントオレンジ×メタリックマグネティックグレー)……716,040円

■関連記事……ライバルよりも25kgも軽い「新型Ninja(ニンジャ)400」

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ