MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ランドローバー > ディスカバリースポーツ > スポーティな限定グレードを追加したランドローバー・ディスカバリースポーツの2019年モデルが登場。
  • 2018/10/30
  • MotorFan編集部

スポーティな限定グレードを追加したランドローバー・ディスカバリースポーツの2019年モデルが登場。

インフォテインメントシステムや安全装備も改良された。

このエントリーをはてなブックマークに追加
写真はLANDMARK EDITION。
ディスカバリースポーツの2019年モデルが発表された。2019年モデルはスポーティな限定グレード「LANDMARK EDITION」を追加するなど、より魅力を増している。

 ランドローバーの中核を担うディスカバリースポーツの2019年モデルが、10月30日より受注開始となった。

 2019年モデルの主な改良点は、エンジンラインナップが自社開発の2.0L直列4気筒INGENIUMターボと同2.0L直列4気筒ディーゼルの2種類となり、最新の10インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメントシステム「InControl touch Pro」のスクリーン表示が見やすく刷新されたことだ。

 また緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」を標準装備したほか、メモリー機能付の電動調整可倒式ドアミラーに自動防眩機能を採用した。

LANDMARK EDITIONにはグロスダークグレーの19インチ5スプリットスポーク"スタイル521”を採用する。

 2019年モデルは新ラインナップとして限定グレードの「LANDMARK EDITION」が設定されている。この限定モデルは「SE」をベースにスポーティなフロントバンパーやグロスダークグレーの19インチ5スプリットスポーク"スタイル521”を採用。インテリアカラーはエボニーで統一しよりスポーティな雰囲気を高めている。

 車両本体価格は443万円〜763万円。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る