MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/20
  • MotorFan編集部

ホンダジェット・エリート、ファーストデリバリーで日本の空が変わる? ホリエモンも共同オーナーのひとりだ

“HondaJet Elite” ファーストデリバリー セレモニー

このエントリーをはてなブックマークに追加
左からホンダ・エアクラフト・カンパニーの藤野道格社長、共同オーナーの堀江貴文氏、千葉功太郎氏、山岸広太郎氏、日本でディーラーを務めるホンダジェット・ジャパンの遠矢源太郎チーフエグゼクティブ。
ホンダの誇るビジネスジェット、ホンダジェット・エリートの日本におけるデリバリーが開始された。

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダ・エアクラフト・カンパニーは、12月7日に国土交通省航空局からホンダジェット・エリートの型式証明を取得し、日本における初号機の引き渡しを行った。
 
 羽田空港内の整備場で開催された式典には、国土交通省の蝦名邦晴航空局長、ホンダ・エアクラフト・カンパニーの藤野道格社長、日本でディーラーを務めるホンダジェット・ジャパンの遠矢源太郎チーフエグゼクティブが出席した。

 ホンダジェット・エリート日本最初の顧客はドローンビジネスを手がける個人投資家の千葉功太郎氏。共同で購入したという。千葉氏に加え、同じく実業家の堀江貴文氏、投資家の山岸広太郎氏他も共同所有者となる予定だ。

 なお今日引き渡されたのは今年5月のジュネーブで発表されたばかりの最新型ホンダジェット・エリート。千葉氏らは都市間はビジネスジェットで、都市内に入ったらさらにそこから渋滞のない空中をドローンで飛行することで、たとえば北海道で仕事を終えて、ビジネスジェットとドローンを乗り継いで、沖縄でゴルフを楽しむ、というライフスタイルを提案していた。

 2015年に登場した初代ホンダジェットは、主翼上面のエンジン配置や自社製ジェットエンジンなど、独自開発技術により、小型ビジネスジェットクラスで最高レベルの最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能、静粛性および室内サイズを実現したと謳う。現在のエリートはさらに性能を向上させ、現在では北米、欧州、中南米、東南アジア、中国、中東、インドで販売しているという。

 日本におけるディーラーは、丸紅エアロスペース株式会社で販売・整備・機体の運用サポートなどの各種サービスを提供する。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る