Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. コラム・連載記事

陸上自衛隊:「ふきょう」ってなんだ? 変形・合体して能力を増す「70式自走浮橋」 最長91mの橋を架けられるのだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
陸上走行状態の70式自走浮橋。

陸上自衛隊には、「橋を架ける」装備がいろいろある。今回紹介するのは、「「70式自走浮橋」である。
TEXT&PHOTO◎貝方士英樹(KAIHOSHI Hideki)

フロートを左右に展開して水に入る準備をする70式自走浮橋。本車はすでに生産終了し、浮体式架橋装備の主力は後継の92式浮橋に移っている。が、74式戦車の退役と歩調を合わせるから、北海道以外の地域で、しばらくは現役を続けるはずだ。

 以前、91式戦車橋や81式自走架柱橋を紹介したが、陸上自衛隊には橋を架ける装備がまだ沢山ある。今回は「70式自走浮橋」だ。
「浮橋」は「ふきょう」と読む。名称に振られた数字(制式年)にあるとおり、デビューは1970年、なんと50年前だ。現有数はおそらくごく少数になっているだろうが、まだ現役である。
 70年代の最重量装備である74式戦車(当時開発中)をはじめ、陸自の保有する全車両を通過させることを目的として開発・導入されているから、本車は38トンの車両等を自分の上に通すことができる能力を持っている。しかし時を経て、その74式戦車の退役が始まることから、本車も近いうちにお役御免となり、後継の92式浮橋にバトンを渡すことになる。
 70式自走浮橋は水陸両用車がベースになっている。陸上での最高速度は時速50km/h程度で、水上の移動速度は時速12km/hほど。この水陸両用車を「橋節車(きょうせつしゃ)」と呼ぶ。そのボディ素材はアルミニウム・マグネシウム・亜鉛の合金製だ。橋節車には導板(橋床)3枚が積まれ、車体上部にはフロート(浮力体)を背負っている。このフロートを左右へ展開して水中へ走り込み、浮くことで橋になるわけだ。

好評販売中!『自衛隊新戦力図鑑 2020』

2019年に刊行し、好評を博した『自衛隊新戦力図鑑』の2020年版が7月16日に発売されました。
今回は「新小銃20式5.56mm小銃」や「9mm拳銃SFP9」などをとりあげるほか、新鋭護衛艦の新運用法と海防戦略についても掘り下げます。

変形を完了した70式自走浮橋。この状態で水に浮かぶ。僚車を引き寄せて連結、その上にクレーンで金属製の導板を敷いて橋を架ける。型は古いが機構は現在でも通用する。

 実際の使い方は、70式自走浮橋を複数投入し、車体に備え付けられたクレーンを使って互いの導板を渡し架けて連結し、並列に配置することで浮橋とする仕組みだ。本車は1セット10両で編成され、最長91mの橋を架けることができる。大型渡河装備としてはかなり柔軟な運用ができるそうで、橋節車2~3両を連結した状態で「艀(はしけ)」として使用することも可能だという。
 自走できる艀というコンセプトは、連結することで能力が倍加する点が画期的だ。変形・合体することでより強くなるロボットは昭和時代の定番だったが、70式自走浮橋はこれを体現しているメカであり、つくづく、70年代というのは熱い時代だったのだと思う。現在ではこうしたトンがった架橋装備はない。橋がトンがっても仕方がないのだが。

フロート展開状態を正面から見る。この状態で全幅は5.4mにもなる。大型乗用車が収まる横幅だ。

 時代の流れとともに「希少種」となっている70式自走浮橋は、生で見られる機会も少なくなってきている。陸自の施設学校(施設科職種の教育拠点)がある勝田駐屯地(茨城県)をはじめ、施設大隊などが置かれる全国各地の駐屯地などには配備された車両がまだ残っているはず。
(追記:70式自走浮橋は現在、すべて退役しています。お詫びして修正いたします)

 個別の部隊見学申し込みや、一般開放される駐屯地創立記念行事、いわゆる駐屯地祭などが70式自走浮橋を生で見学するチャンスだ。しかしそうした見学申し込みや駐屯地祭などの機会は現在の新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止等とされており、しばらくは状況の推移を見るしかないようだ。

70式自走浮橋は水陸両用車なので錨(イカリ)が標準装備される。
70式自走浮橋の操縦席。独創的な機構や外観に対して、車内は昔のトラックのような雰囲気だ。製造は日立製作所。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ