ホンダ 新型モンキー125でガス欠するまで走ってみた。|東海道ガス欠チャレンジ [Part02]

5速になった新型ホンダ モンキー125はガソリン満タンでどこまでイケる? 東京・日本橋から京都をめざす東海道ガス欠チャレンジ第3弾![2日目]

東海道ガス欠チャレンジ ホンダ モンキー125 AFORIDER
劇的リバイバルで話題をさらったあの名機、ホンダ モンキー125。ヘタレAFO RIDERタカハシが、新型モンキー125で東京・日本橋から京都を目指し、満タンきっちり使い切りの東海道ワンウェイ・アタックに挑む。七曲りをガンガン激走! ガソリン補給は厳禁でも、箱根でちゃっかり糖分補給!

REPORT●AFO RIDER タカハシ(AFO RIDER Takahashi)
PHOTO●高橋克也(KATSUYA Takahashi)
ILLUSTRATION●高橋克也(KATSUYA Takahashi)

箱根は雪か凍結か

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
朝の国道1号には、行く手の凍結を知らせる電光掲示が出ていた。

朝8時、平塚のビジホを出てモンキー125のキーをひねる。トリップメーターは69.7km、フューエルメーターは残4目盛り。西を目指して出発だ。
それにしても寒い。気温は3度、タカハシの貧弱な装備では、使い捨てカイロを体じゅうに貼りつけても、まだ寒すぎて歯の根が合わない。

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
海でバイクとシブい写真を……なんてことを誰もが一度は考える。セルフタイマーで頑張ってみたが、なぜかバイクを盗みに浜へ這い上がろうとする謎の海ボウズっぽい写真が撮れただけ。

走り出して間もなく海に寄り道することに。国道1号沿いの梅沢海岸には、砂浜とも道路ともつかないダート広場にクルマをとめ、思い思いに釣りを楽しむ人がずいぶんいた。

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
ガレガレの激ダートを飛ばしまくりたいとかじゃなければ、モンキー125はオフロードもそこそこ走る。未舗装の駐車場程度ならもちろん楽勝だ。

梅沢海岸を後に国道1号をしばらく走ると、雲に切れ目がみえ、寒さが少しゆるんできた。これから向かう箱根の山も、ちょっとは暖かくなってくれるといいんだが。

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
道端の距離標は日本橋から80km。トリップ88.2kmでフューエルメーターは残3目盛りに。

箱根・七曲りにアタック!

小田原をすぎると、道は箱根の峠にさしかかる。美しく整備された箱根新道こと国道1号と、旧街道にあたる県道732号が分岐するのもここからだ。「東海道」を標榜する企画だから旧街道を……とかいった志はカケラもなく、少しでも寒くないようゆっくり走りたい一心で、迷わず狭い県道732号を選択した。

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
旧東海道のおもかげを色濃く残す県道732号。寄木細工の店が軒をつらねる畑宿あたりの町並みは、どこか郷愁を感じさせる。

県道732号はやがて七曲りに差し掛かる。長いあいだ徒歩でしのぐしかなかったこの東海道最大の難所を連続ヘアピンでクリアし、なんとかクルマを通せるこの道が作れたのは、わずか50年ほど前のことだったという。

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
「550cc以上を除く自動二輪は、4月1日~11月30日までの土曜・日曜・休日午前8時から午後3時までは通行禁止」って、こんなややこしい標識、バイクで走りながら読み取れる奴がいたら、余裕で財務官僚とかになれちゃうのでは?

先人が苦心を重ねて供用にこぎつけた七曲りだが、残念ながらバイクには通行規制があるから覚えておこう。その意図はよくわからないが、どっちにしても自動二輪は、季節や時間帯、排気量によっては走れない。この規制をクリアして七曲りの走りを楽しむには、まず初めに金持ちになり、規制のかからない550cc以上の自動二輪を購入するのがいちばんだ。それなら無罪放免、いつでも自由に七曲りを走れるはずだ。

箱根の甘さここにあり

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
低速からたっぷりトルクを発揮するJB03E型123ccエンジンと、つながりのいい5速ミッション、小型軽量ボディの組み合わせが、タイトな峠で優れたパフォーマンスを発揮する。

七曲りを過ぎると、右手に甘酒茶屋が見えてくる。江戸時代から続く名店だ。死ぬほど寒くて甘酒が飲みたかったが、こんなところでのんびり油を売ったり糖分を吸ったりしていたら、燃費ツーリングに狂った鬼編集 ヒゲ山田モジャオくんにどんな大目玉をくらうかわからない。泣く泣くあきらめ、芦ノ湖畔をめざした。

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠 イラスト 高橋克也
経費精算時のリアル想像図。モジャオくんに甘酒代は通用せんやろな……。
AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
箱根越えの旅人を甘味で長年癒し続けた甘酒茶屋。赤穂浪士・神崎与五郎の詫び状文を今に伝える老舗中の老舗だ。
AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
県道732号を縫ってちらちらと現れる箱根旧街道への入り口。国指定の史跡だが、ハイキングコースとしても親しまれている。

寒気にガタガタ震えながら芦ノ湖畔に到着。そろそろ昼過ぎだから、コンビニで小休止をとることにした。ついでに缶入り甘酒を買って体をあたためることに。

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
森永の缶入り甘酒は、内容量190g、総エネルギー59kcal、アルコール度数1%以下の清涼飲料水。血糖値の上昇特性が比較的フラットなため扱いやすく、胃壁が弱い中高年ライダーでもストレスなく楽しめる。とくに冬のツーリングにお薦めだ。

昭和の流行歌『お座敷小唄』には「富士の高嶺に降る雪でも、京都の街に降る雪でも、雪にかわりはない」みたいな超乱暴な主張を繰り広げる一節があったが、箱根の名店の甘酒でも、コンビニの甘酒でも、(中身はぜんぜん違うけど)甘酒にかわりはないのもまた事実。バカ舌のタカハシに限っては、まあまあこれで十分なのだ。

三島へのスーパー・ダウンヒル

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
晴れ渡る芦ノ湖の冬空に遊覧船が映える。
AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
芦ノ湖畔でトリップ113.7km、フューエルメーターは残2目盛りに。

午後2時、箱根をあとに国道1号の爽快なワインディングを下り、三島市街をめざした。晴れてさえいれば、この道は季節を問わず絶景ルートと呼ぶにふさわしい。

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
三島市街への下りは、道路が良くてついスピードが出やすい。景色だけでなくスピードメーターにも目配りを。

沼津バイパス入口から国道1号を離れ、海沿いを走る静岡県道380号へ乗り換えた。見渡す限りの松原を抜けてひたすら西へ。少しずつ日差しが黄色くなりはじめる頃、ようやく富士市にたどりついた。

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
千本松原で休憩中。免許とりたての高校生がよく撮るイキり写真のパターンだが、ライダーが青年特有のフレッシュ感を失ったとたん、激しくみすぼらしい仕上がりになる。

夕やみ迫る田子の浦

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
どこの道端からでも富士が見える。でもこの日はあいにく下半分が雲に隠れて頭だけ。

夕やみ迫る海辺の道を、タカハシとモンキー125は田子の浦港へ。ぐるっと港を回り込み、「ふじのくに田子の浦みなと公園」に入ったところで、フューエルメーターの残目盛りがついにラスイチに。トリップメーターは162.0kmをさしていた。

AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
富士のシルエットが映える夕景の田子の浦。
AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
ふじのくに田子の浦みなと公園のランドマーク、富士山ドラゴンタワーも落日に染まる。
AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
トリップ162.0kmでフューエルメーターの残目盛りはラストワンに。だが、ガス欠旅はたいていここから先が長いのだ。
AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠
田子の浦は絵のように美しい。モンキー125もかっこいい。写真の構図もなかなかだ。ライダーが不格好すぎて写真を台無しにしたのだけが悔やまれる。

田子の浦を発ち、駿河湾を見晴らす海沿いの国道1号で、落日に追いすがるように静岡市内へ。ビジホに入ったときにはもうすっかり夜になっていた。
日本橋からの距離186.9km、本日の走行距離92.3km、フューエルメーターは点滅なしの残1目盛りだった。

二日目の走行距離92.3km、出発からの総距離距離186.9km

トリップ186.9kmで今日の走行を終え、宿に引き上げた。
AFORIDER ホンダ モンキー125 東海道 ガス欠 イラストマップ 高橋克也
■東海道ガス欠チャレンジMAP/モンキー125/日本橋~清水

著者プロフィール

AFO RIDER タカハシ 近影

AFO RIDER タカハシ

イラストレーター、カメラマン、ライター、ムービークリエイターなど、世間をあざむく幾つもの顔をもつが…