本場雪国の繁盛店「小西タイヤ」に聞く、プラスワン・ホイールの今! 最新トレンドはブラックカラーが人気!!

シルバー色が根強かったかつての市場に比べ、より黒みの強い暗色が多めの傾向にあるそうだ。その色合いも細かく違い、より微妙な色あいを選べるようになってきている。
雪国では、タイヤだけでなくホイールセットの複数持ちが基本だけに社外ホイールの購入がデフォルトとも言える。商品が動く市場のなかでも、とりわけの繁盛店にホイールの流行を聞いてみた!

夏用タイヤと冬用タイヤで定期的にタイヤを使い分ようとすると、ホイールそのものも追加でもう1セット必要になってくる。
1セットのホイールでタイヤだけを入れ替えることもできるけれど、その都度ホイールからタイヤを脱着することは時としてタイヤ自体に負担を掛けることにもなる。また作業一つとっても、さすがにホイールからタイヤを外す工程はプロの手を借りる必要があり、1年に二度の交換工賃はユーザー的にも大きな負担になってしまうからだ。

腐食しにくい塗装モデルが市場標準!? 塩害にもしっかりと対応

だからこそ、夏冬できっちりタイヤを使い分ける本場の雪国では、タイヤ&ホイールセットで夏用・冬用を別々に用意するのが一般的だという。
ホイールをもう1セット購入することで初期投資こそ必要になるものの、ホイールにセット済のタイヤ履き換えはDIYでも十分可能であり、自分で行えば工賃も浮く。さらには使用期間をオンシーズンのみに留めることで、それぞれのタイヤのもちも長く取ることができる。通しで考えれば、それほどの費用負担ではないという考え方だ。
またそういう習慣を見越して、コストを抑えた社外ホイールが豊富に揃う状況にもあるという。とりわけ冬用のタイヤセットでは、融雪剤による腐食も気になるところだが、市販流通する製品の大半は、全面塗装で塩害にも対応しているといい、環境的にも不安はない。
よりカスタム嗜好の強いひとは、純正ホイールを冬用に回し、より気に入った社外ホイールを夏用に回すローテーションもよく見られるそうだ。

秋田の繁盛店。小西タイヤの菊地部長に話を聞いた。SUV車の増加に伴い、マットブラックやダーク系の色味がよく出ているとのこと。

クルマに興味がないユーザーも思わず選ぶ今風デザインが人気

では、その社外ホイールはどう選ばれているのか。
現在の風潮として、マットブラックを始めとする暗めの色合いが多く見られる傾向にあるそうだ。ブラックポリッシュの流行に端を発するこのムーブメントは、SUV車の拡充でさらに広がり、軽自動車にオフローダーデザインを組み合わせるようなギャップも好まれているという。
もちろん、ドレスアップ嗜好もいまだ根強い人気を誇り、選択肢自体が広がっているとも言えそうだ。

色味だけではなく、形状でも流行に変化あり。今やすっかり定番となった10本スポークも、お手頃価格から選べるようになっている。

著者プロフィール

CarGoodsMagazine 近影

CarGoodsMagazine

20世紀創刊!市販唯一のカー用品専門月刊誌
1999年に季刊誌として創刊後、好評を元に月刊化。当時より続…