メガクルーザーは2170mm!いま、もっとも全幅が広いクルマは? 国産車はランドクルーザーの1990mmが最高、輸入車は?

ランボルギーニ・ウルスの全幅は2016mm
ボディサイズは、クルマ選びで重要なポイントのひとつだ。ガレージに収まるか、狭い裏道でも運転しやすいか? となると注目されるのは、全幅だ。いま日本で買えるクルマで、もっとも車幅が広いのは、どのモデルだろうか?

そもそも全幅って、どの部分をいうの?

クルマの幅を示す「全幅」は、もちろんカタログにも車検証にも記載されている。この全幅は、車体から左右に張り出しているドアミラーを除いた幅のことをいう。だから、ドアミラーを除いて一番広いところがクルマの全幅となる。

これもよくいう「5ナンバーサイズ」とは、どんなサイズか? 
5ナンバーとは、全長4700mm以下、全幅1700mm以下、全高2000mm以下、排気量2000cc以下のクルマのことで、このうちのひとつでも上回ったら「3ナンバー」となる。

つまり3ナンバーは
全長4701mm以上 全幅17001mm以上、全高2001mm以上、排気量2001cc以上の基準のひとつでも満たしたら3ナンバーになるということだ。

ちなみに、軽自動車の規定では全幅は1480mm以下となっている。

1990年代あたりまでは、日本の車庫のサイズを考えたら5ナンバーサイズがちょうどいい、ということで、多くのクルマが全幅1695mmとなっていた。当時、3ナンバーとなると自動車税が2.0ℓ以下5ナンバーが3万9500円だったのが、いきなり8万1500円に跳ね上がるという税制のせいということもあった。

側方衝突安全基準の強化や税制の改正などもあって、現在は多くのクルマの全幅が1700mm超え、3ナンバーサイズになっている。それも、「1750mmくらいまでは問題よね」から「1800mmまではOK」の時代を経て、現在は「1850mmまではまぁいいよね」となっているように感じる。

ちなみに、「ザ・ニッポンのセダン」であるトヨタ・クラウンの現行モデルの全幅は1800mmだ。世界のベーシックカー、VWゴルフの現行モデル、ゴルフ8の車幅1790mmである。

では、車幅が広いクルマにはどんなモデルがあるのだろうか?
国産車で言えば、
レクサス LSの全幅が1900mm
トヨタ・グランエースが1970mm

となっている。
いま日本でもっとも全幅が広いのは、トヨタ・ランドクルーザー/レクサスLXの1990mmである。ほぼ2mだ。

ランドクルーザーの全幅は1990mm

ドイツ勢はどうだろうか?
メルセデス・ハイバッハの全幅は1921mm
メルセデスAMG Gクラスの全幅は1985mm
である。なかなか2mは超えない。

メルセデスでもっとも車幅が広いのは、AMG GLSの2030mm

メルセデス・ベンツでもっとも車幅広いのは、
メルセデスAMG GLSである。
全幅は2030mm! ついに2m超えだ。
ホイールベースが3135mm
全長×全幅×全高:5245mm×2030mm×1840mm

BMWだと
BMW X6  M50iの全幅が2005mmX7 M50iの全幅が2000mmである。

ポルシェなら
ポルシェ・タイカン ターボSが1966mm
ポルシェ・カイエン ターボSが1983mm
である。

超高級車であるロールスロイスはどうかといえば
ロースロイス・ゴーストエクステンデッドが2000mm

ロースロイス・ゴーストエクステンデッドの車幅は2000m。ちなみにホイールベースは3465mm、全長は5715mmは現在国内で買えるクルマのなかでもっとも大きい。

ランドローバー・ディフェンダーが1995mm
となっている。

スーパーカーはどうかといえば、
ランボルギーニ・ウルスの全幅が2016mm
だ。

これがトップかと思うと、アメリカにはもっと幅の広いクルマがある。

キャデラック・エスカレード。全幅2065mmの迫力はすごい。

キャデラック エスカレードだ。
エスカレードの全幅は2065mm! 現在はエスカレードがもっとも全幅が広いモデルなのだ。エスカレードのボディサイズは
全長×全幅×全高:5400mm×2065mm×1930mm
と大迫力である。

かつて、日本にも2m超えの全幅を持つクルマがあった。それも2170mmである。

トヨタ・ランドクルーザー(JAF災害対策指揮車)全幅は2170mmだった。

なにかといえば、トヨタ・メガクルーザーがそれだ。1996~2001年に売られていた4ドア多目的車で、和製ハマーとも言われた。陸上自衛隊向けの高機動車の民生モデルという位置づけだった。
メガクルーザー
ホイールベース:3395mm
全長×全幅×全高:5090mm×2170mm×2075mm

というサイズだったのだ。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部