テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/10/25
  • Motor Fan illustrated編集部

レクサス新型ESのデジタルアウターミラーのECUはデンソー製、CMOSカメラはパナソニック、電子ミラーユニットは東海理化製

世界初となる量産車へのミラーレス(デジタルアウターミラー)製品化を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
デンソーは、ドライバーの視認性を向上させ、車両の安全性能向上に貢献するデジタルアウターミラー用のECU(Electronic Control Unit)を開発した。

新型レクサスES

 量産車として世界初再採用で話題になったデジタルアウターミラーを採用したのは、レクサスの新型ESである。
 レクサスESの一部グレードにオプション設定されたデジタルアウターミラーのユニットは東海理化製だ。CMOSカメラはパナソニック製。そしてECUがデンソー製となる。

夜間の視認性も画像処理によって高めることができる。
雨天などの悪天候の際に、デジタルアウターミラーは威力を発揮する。

 デジタルアウターミラーは、従来の光学ミラーに比べ、視界の拡大や悪天候時の視認性向上など、車両の安全性向上に貢献できる技術として期待されている。デンソーは従来から、カメラやレーダー等による車両周辺の環境認識技術の開発に注力しており、そこで培った画像処理技術を生かし、今回、初めてデジタルアウターミラー用のECUを開発した。

デンソーが開発したECU。

 デジタルアウターミラーは、カメラ、ECU、ディスプレイで構成されている。ECUは、車外に取り付けられたカメラで撮影された映像を、各種車両情報に基づいてリアルタイムに処理、制御し、運転状況や周辺状況に合わせて車室内左右に設置されたディスプレイに表示させる。右左折時や車線変更時のウィンカー操作や、後進時のシフト操作と連動し、後方の左右映像をより広く表示させることで、ドライバーの視認性を高める。また日中のトンネルや立体駐車場のような明暗が混在する場合においても、周辺の明るさや速度変化など車両から得られる情報を用いて周辺環境を推定することで、カメラが取り込む光量が最適となるよう制御し、周辺環境に適した視界を提供する。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated