Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

セレンス:緊急車両検知機能「Cerence EVD」を発表

  • 2020/01/09
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
(画像はイメージ:Cerence)

セレンスは、Cerence Drive テクノロジーおよびソリューションの新機能として「Cerence Emergency Vehicle Detection(Cerence EVD:緊急車両検知)」を発表した。Cerence EVDは、車内アシスタントと連動し、緊急車両の接近をドライバーに通知し、ドライバーがそれに応じて適切な運転ができるように支援する機能。セレンスは、全ての人々に、より安全で充実した車内エクスペリエンスを実現するこの画期的な機能を通じ、自動車メーカーとユーザーに付加価値を提供する。

 セレンスのコア・オートモーティブ部門エグゼクティブ・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのステファン・オルトマン氏(Stefan Ortmanns)は、次のように述べている。「多くのドライバーは運転中に、ボリュームを上げて音楽を聴いていたり、他のことに気をとられたりしている最中に、突然近づいてくる緊急車両に気づいて慌てた経験があると思います。当社はこのような問題に取り組むためにCerence EVDを開発しました。この機能は、ドライバーが安全を確保し、道路の状況を把握するのに役立つため、今後普及が進む自動運転車の車内エクスペリエンスにとっても非常に重要なものです」

 セレンスは昨年、1,500名以上の米国の消費者を対象に、どのようにテクノロジーを使って車両の周囲の状況に対応しているかについてアンケート調査を実施した。「車載技術によって今後どのような運転体験の改善を期待しているか」と質問したところ、調査対象の約半数となる44%が、ストレスの多い運転状況において、より多くの支援を求めていると回答した。
 さらに、セレンスのユーザー体験研究機関であるCerence DRIVE Labにおいて、ドライバーの求めるサイレン検知システムの用途や機能について調査を行ったところ、回答者の67%が、サイレンが検知されたらすぐに通知を受け、車内のすべてのオーディオの音量を下げて欲しいと思っていることがわかった。また調査参加者からは、クルマの内外で大音量の音楽がかかっている時、交通量の多い状況、および郊外や都市という環境において、サイレン検知システムが最も有効であるとの回答が得られた。さらに、サイレンの位置、緊急車両が向かっている方向、クルマと緊急車両との距離なども知りたいと考えていることもわかった。

 Cerence EVDは、車両インテリアとして組み込まれている既存のマイクを使用するため、専用のハードウェアを追加することなく実装できる。緊急サイレン信号の固有で明瞭な音響構造を利用することにより、高い精度でサイレンと、その方向を検知する。これは、複数の国や地域の消防車、救急車、警察車両など様々な種類のサイレンに対応している。サイレン音が検知されると、ラジオなど車内で再生しているメディアの音量が下がり、車載インフォテインメントシステムを通じてドライバーに緊急車両の接近を通知する。もし再生中の音楽にサイレンの音が含まれていたとしても、音響エコーキャンセル機能によってマイクの入力信号から音楽の成分は削除されるため、車外から聞こえてくるサイレンを正しく検知してドライバーに即座に通知することができる。

 Cerence EVDは、2020年以降、多くの車両に採用される予定。本デモはCES 2020のセレンスのブース(LVCC North Hall/ブース番号9305)において初公開される。

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ