量販燃料電池小型トラックの企画・開発の推進に向けて、いすゞ/トヨタ/日野/CJPTが連携

いすゞ、トヨタ、日野、Commercial Japan Partnership Technologies(以下、CJPT)の4社は、カーボンニュートラルの実現に向け、顧客の使い方に応じ選択肢を広げるとともに水素の需要拡大による水素社会実現への貢献が期待できる量販燃料電池(FC)小型トラックの企画・開発を共同で行い、市場導入を進め普及に向けた取り組みを加速することを発表した。

カーボンニュートラルへの道のりにおいて、顧客が求める車両のパワートレーンは、各国・地域のエネルギー事情や顧客の使い方によって、HEVやBEV、FCEVなど様々な選択肢が存在する。小型トラックにおいては、市民の生活を支えるスーパーマーケットやコンビニエンスストアでの物流などで使われることが多く、冷蔵・冷凍機能を備えた上、1日複数回の配送業務を行うため、長時間使用・長距離走行が求められる一方、短い時間での燃料供給などの条件も満たす必要がある。
このような使用環境においては、走行時のCO2排出がゼロで、エネルギー密度の高い水素を燃料とするFC技術の活用が有効であると4社は考えている。

今回、4社が共同で取り組む量販FC小型トラックは、CJPTが企画を行い、いすゞ・日野が長年積み重ねてきたトラックの技術とトヨタが持つFC技術を組み合わせた4社の知見・技術を結集して、小型トラックに求められる性能や条件を満たす商品を追求して開発が進められている。2023年1月以降に市場導入し、福島県と東京都における社会実装プロジェクトにおいて、顧客に実際の物流現場で使用してもらい、その使い勝手を評価してもらう。
こうして、顧客の要望に高いレベルで寄り添いながら、FC小型トラックと水素の普及に向けてサステナブル(継続的)でプラクティカル(実用的)な取り組みを推進する。

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部