MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > トヨタ > ヴェルファイア > NEスタイルが提案する、トヨタ30系後期ヴェルファイアの派手さを抑える“引き算”的大人カスタム
  • 2019/03/13
  • スタイルワゴン・ドレナビ編集部

NEスタイルが提案する、トヨタ30系後期ヴェルファイアの派手さを抑える“引き算”的大人カスタム

エヌイースタイル Ver.2/ヴェルファイア(30系後期/Zグレード)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「実はヴェルファイアのエアログレードが出てきた時、フロントバンパーのメッキ部分がちょっと高級感ないというか、派手すぎるというか、お客さんの方から“もうちょっと地味な感じのないの?”という声が多かったんですよ」と語るのはNE‐STYLEの西川さん。ハーフエアロではその部分が残ってしまうので、それならばとフルバンパータイプで開発することになったという。「イメージしたのはロールス・ロイスのレイス。Ver・2となる後期用は、前期用よりもさらに落ち着いた雰囲気で製作しました」と、両サイドにLEDデイライトとメッキモールをインストールし、上質なフロントフェイスを演出。純正バンパー比は下方+2㎝の大きさで造形され、純正車高&純正ホイールでも違和感のないスタイリングに仕立てられている。

足し算ではなく引き算で純正に無いシンプルさを出す

NE-STYLE 西川友規さん

「基本、カスタマイズは純正にはない派手さや高級感を求めてプラスするものですが、このフロントバンパーはどこもやっていないマイナスのカスタム。派手さを求めず、大人しいスタイル。どんな人でも買ってもらえるデザインを目指しました」と足し算ではなく、引き算でヴェルファイアをカスタムする。
“NE‐STYLE”とは、もともとネッツトヨタ兵庫のオーディオ事業部が前身。こだわりのカスタマイズ、エンターテインメントのような高揚感、新しいクルマの楽しみ方を提案するため2000年に誕生した。スピーカー交換から作り込んだカスタムオーディオなど、高い技術でクルマをトータルで面倒見てくれる。「ディーラーなのにこんなことまでやってしまうというようなことを知ってもらいたいですね。それからディーラーだからこそできることもあると思いますし、もちろんカスタムの全ては車検対応なので、安心して相談に来てください!」。


エアログレード純正の押し出しの強いバンパーから、メッキ部分をなくし、シンプルで大人しいスタイルへと引き算のカスタマイズ。


フロントバンパーの開発イメージに挙げられているロールス・ロイスのレイスを意識して、ボンネットやルーフなどボディ上半分はシルバーヘアラインのラッピングを施すデモカー。


ヴェノムのプロセッサーを入れ、スピーカーはビーウィズのリファレンスAMに全て変更。MOPナビでも音が劇的に変わる。


ふわふわのファーで足元を飾るオリジナルのファーマットは「面倒ですが、もちろん土足禁止です」。装着のホワイトの他ブラックも設定。

フローフォーミング製法で高剛性と軽さを両立したクラブリネア マルディーニFF。絶妙なコンケイブデザインで流麗な足元を演出。

問:NE-STYLE 078-920-2775

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る