MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/04/22
  • MotorFan編集部 小泉 建治

新型プジョー508に内燃機関の未来像を見た!〈Peugeot 508 国内初試乗〉

Peugeot 508 Impression from Editor's room

このエントリーをはてなブックマークに追加
フルモデルチェンジを果たした新型プジョー508がいよいよ日本の道を走り始めた。まずはセダンからの導入で、エンジンは1.6Lガソリンと2.0Lディーゼルの2本立て。トランスミッションは全車に8速ATが組み合わされる。日本でも人気の高い欧州Dセグメントにプジョーが満を持して投入した508に、高速道路とワインディングロードを中心に試乗する機会を得た。

TEXT&PHOTO●小泉建治(KOIZUMI Kenji)

既視感のまるでない前衛的なデザイン

 まず実車を前にして思ったのは、「自動車のデザインというものは、まだまだやれることがあるんだな」ということ。

 僅かにウェーブした異形ヘッドライト、牙のようなLEDデイタイムランプが織り成すフロントマスクには、既視感がまるでない。今までの何にも似ていない。にもかかわらず「プジョーらしい顔」と認識させられてしまうのだから自動車のデザイナーってすごい。

 セダンとは言うものの、リヤゲートは大きなハッチバック形式で、厳密に言えば5ドアハッチバックである。シトロエンXMやBXやエグザンティア、ルノー・サフランやラグナなど、フランスのミディアム&ラージサイズサルーンはハッチバックを持ったモデルが多く、逆にシトロエンCXやC6などのように、独立したトランクを持っているにもかかわらずファストバック風のデザインを与えられているものも少なくなかった。

 そんななか、これまでプジョーのDセグメント以上のモデルだけは、いわゆる3ボックスの端正なセダンスタイルを守り通していたのだが、ここへきてフランスらしさを感じさせる「5ドアセダン」スタイルを採用してきたのは興味深い。

 ともあれ、フランスのメーカーは常にデザインで攻めの姿勢を崩さない。懐古趣味をよしとせず、前衛を貫く姿勢には個人的に共感を覚える。


 ドライバーズシートに腰を下ろすと、目の前に広がるのは例によって小さめのステアリングが極端に低くセットされるi-Cockpitだ。

 英国製スポーツカーによく見られるような垂直にそびえ立つステアリングポジションが好みだったこともあり、このi-Cockpitが最初に採用された現行208(すでに本国では新型がデビュー)に初めて乗ったときは多いに面食らった。運転の根幹に関わる部分においては、あまり前衛的になってくれなくてもいいのに……というのが本音だった。

 だが今回、もう慣れたということがわかった。新型508に乗るのは初めてなのに、ステアリングに手を伸ばした瞬間から違和感がない。

 正確に言うと筆者が慣れただけではなく、他メーカーから乗り換えた人でも違和感を抱かないよう、ポジションそのものや、ドライバーの視点からの見え方が少しずつ煮詰められているのだろう。

 考えてみれば、ひとりのドライバーにとっての理想のドライビングポジションはけっしてひとつではない。トラックやスポーツカーであれば、当然サルーンとは異なってくる。モーターサイクルなんて、ネイキッド、クルーザー、そしてスーパースポーツなど、カテゴリーによってハンドルの位置がまるで違うではないか。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る