MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/04/19
  • ニューモデル速報

新型アウトバック世界公開! 新型はキープコンセプト。日本デビューは2020年か!

このエントリーをはてなブックマークに追加
スバルは、「2019ニューヨーク国際オートショー」において、新型アウトバックの米国仕様を世界初公開した。2月のシカゴオートショーではレガシィ(セダン)が初公開されたから、レガシィに続いてアウトバックのデビューにおいても、もっとも主要な市場である北米が選ばれた形だ。

 初代アウトバックの発売は1995年。乗用車とSUVの長所を融合させたクロスオーバーワゴンとしての歴史を積み重ね、スバルのフラッグシップクロスオーバーとして、唯一無二のキャラクターを確立してきた。新型のコンセプトは、「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」というものだ。

 エンジンは、2.4L水平対向4気筒直噴ターボと、直噴化で効率を高めた2.5L水平対向4気筒エンジンの2種類。スバルグローバルプラットフォームと組み合わせることで、動的質感はさらに向上しているという。運転支援システム「アイサイト」 には、車線中央維持制御・先行車追従操舵制御が追加され、フォレスターに初搭載されたドライバーモニタリングシステムも搭載される。

 インテリアでは、新型レガシィ同様、11.6インチの大型ディスプレイが目を引く。最新型インフォテインメントシステムを採用し、大画面に集約した様々な情報をタブレット感覚で使用できる。

 日本での展開は不明ながら、アクティブなフライフスタイルを主張する新グレード 「Onyx Edition XT」が追加されたのはニュースだ。 タフでラギッドなイメージをシより一層強調する専用の内外装や、アウトドアでの使用をサポートする機能を備えた数々の特別装備が魅力だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る