MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. 新車情報

INDIAN FTR1200&FTR1200S DEBUTED IN JAPAN 話題のインディアンFTR1200がいよいよ日本市場へ導入〈クルーザーとトラッカーが高次元で融合〉[PR]

  • 2019/05/21
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ最古のバイクブランド、インディアン。先日開催された東京モーターサイクルショーで、新作のFTR1200/1200Sが、華々しくデビューした。かねてより日本のライダーが待ち望んでいた刺激的な1台の中身は?

REPORT◉坂木 一(SAKAKI Hajime)
PHOTO◉市 健治(ICHI Kenji)

トップグレードのFTR1200Sレースレプリカ。このモデルのみアクラポビッチを標準装備する。
 大陸を横断するようなクルーザータイプを中心にラインナップしてきたインディアンだが、そもそもインディアンは1901年の創業時からレースで圧倒的な成績を残すレーシングDNAを持つブランドである。その遺伝子が覚醒した2016年シーズン末、新開発のレーシングマシンFTR750とともに、フラットトラックレースに電撃復帰。17年、18年と2連覇を飾り、フラットトラックレース史に新たな歴史を刻んだ。そして時を同じくしてFTR750のレプリカ・スタディモデル「スカウトFTR1200カスタム」を公開。フラットトラッカースタイルをまとったニューカマーは、世界のバイク乗りから喝采を持って迎えられた。

 そして昨年、世界最大のモーターサイクルショー「インターモト」で、市販モデルとなる「FTR1200/1200S」がワールドプレミア。そして今年3月、ついに東京モーターサイクルショーで、FTR1200/1200Sが日本のファンの前でアンヴェールされた。インディアン・モーターサイクルがスポーツの世界へと回帰した記念すべき瞬間であった。

1200Sに採用されたスマートメーター「ライドコマンド」。ライドモードやトラクションコントロール等、 設定が可能。
燃料タンクはシート下まで延び、低重心化を実現。

BEN LINDAMAN。ポラリス・インダストリー社インターナショナル部門モーターサイクル製品開発ディレクター。FTR1200の開発には立ち上げから関わり、コンセプトメイクからデザイン、設計などすべてのプロセスに関与し、それらを統括した。プロモーション活動がひと段落したら自分用にFTR1200の購入を計画中。
 FTR1200は“レーサー”であるFTR750をモチーフとしているが、ただの“レプリカ”という存在ではない。例えばフレームにしてもレーシングマシンの鋼管ダブルクレードルに対し、同じ鋼管ながらトレリスフレームを採用するなど、ハイパワーなストリートモデルに必要な高剛性を持ち、現代的な構造を持っている。これまでインディアンが培ってきたクルーザーモデルとは異なる技術ゆえ、開発はさぞ苦労したのかと思いきや──、ジャパンプレミアに際して来日した開発担当者に話を訊いた。

FTR1200/FTR1200Sは、ラリー、ツーリングなどのパッケージに合わせた様々なアクセサリーをラインナップ。ユーザーの好み、使用環境に合わせてカスタマイズできる。
 モーターサイクル製品開発ディレクターを務めるベン・リンダマン氏曰く、ポラリス・インダストリーズの持つリソースを投入することで、開発はスムーズだったという。ポラリスはATVを始めとする特殊な4輪車のスペシャリストであり、その顧客にはアメリカ合衆国各軍も名を連ねている、高度な技術を持つ先端複合企業なのだ。積極的にテストを重ねることで、全く白紙のスタートからわずか3年で販売までこぎつけたという。

 そして「世の中には速度域や路面を選ぶバイクがありますが、我々のモデルは違います」とリンダマン氏は締めくくってくれた。今後のバリエーション展開について訊ねると「今言えることは少ないですが、新しいセグメント、異なるサイズのモデルに挑戦します」と明言。圧倒的な存在感を持つFTR1200が日本を席巻する日は近い。そして次なるモデルにも期待は高まるばかりだ。

SPECIFICATIONS FTR1200
■ボディサイズ:全長2286×全幅850×全高1297㎜ ホイールベース:1524㎜ シート高:840㎜ 車両重量:230㎏〈235㎏〉
■エンジン:4ストローク水冷V型2気筒DOHC4バルブ 総排気量:1203㏄ ボア×ストローク:102×73.6㎜ 圧縮比:12.5 最高出力:89.5kW(121.7㎰)/8250rpm 最大トルク:114.74Nm(11.7㎏m)/6000rpm
■トランスミッション:6速リターン
■サスペンション形式:Ⓕテレスコピック Ⓡスイングアーム
■ブレーキ:Ⓕ油圧式ダブルディスクφ320㎜ Ⓡ油圧式シングルディスクφ265㎜
■タイヤサイズ:Ⓕ120/70R19Ⓡ150/80R18
■車両本体価格:189万9000円〈209万9000円~〉 ※〈 〉内は1200S

TOKYO MOTORCYCLE SHOW 2019 INDIAN BOOTH

トラディショナルなクルーザースタイルながら、最新メカニズムで支え、上質且つ現代的な走りが可能なチーフテンシリーズの最高峰モデル、チーフテン リミテッド。快適性を高める気筒休止システムなど最新装備が満載される。
こちらも人気だった、スカウトボバー。ハンドメイドカスタム を思わせるミニマル且つアイコニックな外装で巧みにまとめつつ、 現代の性能を誰もが気軽に扱えるようにまとめた1台だ。

Indian Motorcycle インディアン モーターサイクル公式ウェブサイト

インディアンの最新情報やモデルラインナップ、各地で開催されるイベントが確認できる。試乗予約も可能なのでぜひチェックしてみよう。

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ