MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. アルファロメオ|ALFA ROMEO
  4. ジュリア

ALFA ROMEO GIULIA TURBO SUPER/TURBO DEISEL SUPER アルファロメオ・ジュリア、選ぶならガソリンかディーゼルか? 新エンジン2.2ℓディーゼルを試す

  • 2019/06/11
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加

次は、ディーゼルのTURBO DIESELスーパーに乗る

アルファ ロメオ・ジュリア TURBO DIESEL SUPER 車両価格:556万円

アルファ ロメオ・ジュリア TURBO DIESEL SUPER
車両価格:556万円
全長×全幅×全高:4645mm×1865mm×1435mm
ホイールベース:2820mm
車重:1600kg
エンジン
エンジン形式:直列4気筒DOHCディーゼルターボ
排気量:2142cc
ボア×ストローク:83.0mm×99.0mm
圧縮比:15.5
最高出力:190ps(140kW)/3500rpm
最大トルク:450Nm/1750rpm
トランスミッション:8速AT
燃費
WLTCモード燃費:17.2km/ℓ
 市街地モード:11.8km/ℓ
 郊外モード:18.1km/ℓ
 高速道路モード:20.6km/ℓ
サスペンション
F:ダブルウィッシュボーン式 R:マルチリンク式
タイヤ:F225/45R18 R255/40R18
最小回転半径:5.4m

 次は、今回の目的だった2.2ℓ直4ディーゼルターボエンジン搭載モデルに乗った。トリムラインは、「スーパー」だからエンジン以外はほぼ同じ。エンジンを占めるバッヂもないので、前に乗ったガソリンターボと見かけは同じである。

 エンジンをかける。車内に聞こえてくるのは、紛れもなくディーゼルエンジンの音だが、ボリュームは小さいのでまったく気にならない。外に出るとそれなりに聞こえるが、問題にならない音量・音質だと思う。少なくともBMW320d(F30型)と同じ程度である。

 最新の排ガス浄化デバイス(尿素SCRシステムも搭載)を載せた上で190ps/450Nmのスペックは立派。450Nm/1750rpmの大トルクは走り出してすぐに感じる。同じターンパイクの上りを狙った通りのラインとスピードで走れる。ガソリンターボのDよりもディーゼルのNの方が力強く感じる。これはいい。ディーゼル、いい。

それにしても、排気量2142ccだから、本来は「2.1ℓ」とするのが自然なのに、どうして2.2ℓなのだろう。三菱のディーゼル(4N14型)も2267ccで本来は2.3ℓのはずなのに、2.2ℓと呼称する。2.2ℓの方がイメージがいいのだろうか?

2.2ℓ直4ディーゼルターボ
排気量:2142cc
ボア×ストローク:83.0mm×99.0mm
圧縮比:15.5
190ps(140kW)/3500rpm
450Nm/1750rpm

トランスミッションはご存知ZF製8HP 8速AT。右側のロータリースイッチでDNAを切り替える。

 ガソリンターボのレッドゾーンが6000rpmからなのに対して、ディーゼルは5000rpmから。しかし、だからと言ってディーゼルのエンジンフィールがガソリンに劣るかというと、ちょっと違う。ガソリンターボの小さい粒が揃って吹け上がっていく感じとは違うが、ディーゼルらしくない軽く回るアルファのディーゼルは別の気持ち良さがある。

 DNAのDをセレクトしてみる。もちろん、よりスポーティなのだが、ガソリンのNとDの差より、ディーゼルのNとDの差の方が小さいように感じた。そして、ステアリングのフィールもディーゼルの方がよかった。ステアリングのギヤ比は11.8:1で同じだと思うのだが、ディーゼルの方が手応えがあるように感じた。

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ