MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. トゥインゴ

ルノー・トゥインゴのメカニズムを徹底解説!「RRという革新的パッケージングの真相」

  • 2019/08/29
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月22日、三代目トゥインゴがマイナーチェンジを受けた。そこでMotor-Fan.jpでは、この三代目トゥインゴの魅力を再検証すべく、前期型デビュー時のフランス本国取材や国内徹底取材を振り返る企画を数回に渡ってお送りする。第四回目の今回は、その革新的なパッケージングとメカニズムをわかりやすく紐解いていこう。

TEXT●安藤 眞 (ANDO Makoto)

※本稿は2016年7月発売の「ルノー・トゥインゴのすべて」に掲載されたものを転載したものです。車両の仕様や道路の状況など、現在とは異なっている場合がありますのでご了承ください。

ルノーとダイムラーの強力タッグが実現

ルノーのエンジニアとスマート(ダイムラー)のエンジニアが共同作業を行なっている様子。新型トゥインゴはスロベニアにあるノヴォメスト工場で生産されている。

リヤエンジン・リヤドライブ・レイアウト

新型トゥインゴはルノーが開発した直列3気筒DOHCエンジンを車体後方に搭載。後輪を駆動するRRレイアウトを採用している。エンジンをフロントに搭載しないことにより、前輪切れ角が増して小回りが利くようになったほか、フロントの衝撃吸収ストロークを長く取ることができるため衝突安全性が高まったなど、さまざまなメリットを実現している。

大人4人が無理なく乗れる居住空間

新型トゥインゴは先代に対して車体は短縮されているにも関わらず、ダッシュボードからラゲッジルームのリッドまでの間隔は320㎜延長されている。使い勝手のいいストレージも各所に装備され、広さとユーティリティを高いレベルで両立している。

フロント&サイドエアバッグを装備

運転席、助手席、前席頭部保護機能付きサイドエアバッグを全車に標準装備。前席ドアとBピラーに備えられた各種センサーにより、瞬時の展開を実現する。

長尺物も積みやすい

5対5分割可倒式のリヤシートと背もたれの前倒しが可能な助手席を備えることで、積載性も良好。公式なプレスリリースにおける計測値は後席を倒した時の奥行きが1350㎜、助手席も倒した時の奥行きが2200㎜。全長から考えると驚きの数値だ。

スマートフォーフォーとプラットフォームを共有

ダイムラーがプロデュースするスマートブランドの4人乗りモデル、スマートフォーフォーと大半のパーツを共有。スマートフォーツーを生産するフランス・ロレーヌ地方のハンバッハ工場はドイツとの国境近くにあり、両社の協業によるシナジー効果が期待されている。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

東京オートサロン2020

東京オートサロン2020 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ