MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

11月18日締め切り|日々のトレーニング、正しい知識で運転寿命を延ばそう! SUBARU主催・ドライビングレッスン まだ間に合う!「加齢は止めることはできないが、遅らせることはできる」SUBARUスローエイジングドライビング・12月1日開催!

  • 2019/11/11
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢を追うごとに衰える身体能力。「自分は何歳まで自動車の運転ができるのか? いつかは免許を返納するときがくるのか……」ドライバー人生の未来に不安を覚えたことはありませんか? じつは日々のトレーニングや正しい知識を有することで、安全に運転する能力=運転寿命は延ばすことができるのです。運転について家族みんなで考える、そんな1日を体験しませんか?

アンチエイジングではなく、スローエイジング。加齢は止めることはできないが、遅らせることができる

昨今、ことクルマに関する事故のニュースが多くなり、とりわけ高齢者の運転による事故が大きく取り上げられていることで、「免許返納」というキーワードに注目が集まっている。
だが、年齢を重ねたからといってその身体能力は千差万別、そして高齢であってもトレーニングや正しい運転知識を身につけていれば、元気に安全に運転することができるのだ。

それを実践しているのが、還暦を超えてなお現役ドライバーである松田秀士さん。
その松田さんが身を以て体験し、実践してきたとっておきのスローエイジング・メソッドを学び、SUBARU車の安全技術を体感することができるプログラム「SUBARU スローエイジングドライビング」が12月1日に開催される。

インストラクターの松田さんのほか、ラリードライバーとしてその名を知らぬ人はいない新井敏弘さん、そしてラリーやダートトライアルの両カテゴリーで活躍中の鎌田卓麻さんの2名がゲストドライバーとして参加。
豪華な顔ぶれで行なわれる「SUBARU スローエイジングドライビング」は、子どもも楽しめる交通安全キッズプログラムも併設され、家族みんなで楽しめるレッスンとなっている。

この機会に、ご家族やお孫さんと一緒に、運転について学んでみませんか。

申し込みはコチラから!(応募多数の場合、抽選となります)

【SUBARU スローエイジング・ドライビングレッスン概要】

開催日時:2019年12月1日(日)14:00~16:30(13:30受付開始)
開催場所:東京スバル三鷹店2F・SUBARU東京事業所駐車場
主 催 :株式会社SUBARU
運 営 :スローエイジング・ドライビングレッスン事務局
参加費 :無料
対 象 :50歳以上のプレ高齢ドライバー~高齢ドライバーとそのご家族
定 員 :20組
※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。おひとりでのご参加ももちろん歓迎ですが、ぜひご家族お誘い合わせの上ご参加ください
応募締切:11月18日(月)

プログラムは、自宅でできる体幹ストレッチや目のスローエイジングが学べる「座学」に加え、ドライビングポジションの再認識や踏み間違え防止のペダル操作練習などの「体験レッスン1」、そして希望者にはアイサイト・ツーリングアシストの体験ができる「体験レッスン2」と、50歳以下でも参加したくなる内容となっているが、残念ながら対象は「50歳以上のプレ高齢ドライバー~高齢ドライバーとそのご家族」なので、ご注意を。

申し込みはコチラから!(応募多数の場合、抽選となります)

当日は座学は合同で、体験レッスンは2組に分かれて行なわれます(上記は天候や都合により変更となる場合がございます)
子ども向けプログラムも充実。家族みんなで楽しめる!

申し込みはコチラから!(応募多数の場合、抽選となります)

インストラクター  松田秀士(Hideshi MATSUDA)

1954年(昭和29年)高知県生まれ。64歳にして現役レーシングドライバー、かつ僧侶(浄土真宗本願寺派)の資格も持つ。ビートたけしの運転手から28歳でプロレーサーを目指し、世界3大レースのインディ500に参戦。96年大会において当時の日本人ドライバー最高位である8位入賞を記録。2000年同予選にてコンクリートウォールに320km/hで激突し、九死に一生を得る。遅咲きのレーサーで年齢的なハンディを感じていたことと、怪我からリハビリ復帰する過程で得た独自のスローエイジング・ドライビング・メソッドを提案する。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、ワールドカー・オブ・ザ・イヤー日本代表選考委員。

ゲストドライバー 新井敏弘(Toshihiro ARAI)

1966年(昭和41年)群馬県生まれ。ラリーを始めた学生時代からその速さが注目され、88年に全日本ラリー選手権にデビュー。92年と97年に全日本チャンピオンを獲得した後、98年から舞台を世界へと移し、SUBARUワールドラリーチームのドライバーとして世界ラリー選手権(WRC)に参戦。ワールドラリーカーを駆り2000年アクロポリスラリーと01年キプロスラリーで自身最高位となる総合4位に入賞。02年からは新設されたプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)にインプレッサWRX STIで参戦し、05年と07年に世界チャンピオンを獲得。14年からは25年ぶりに全日本ラリー選手権に復帰し、15年と17年にシリーズチャンピオンを獲得。今年は52歳にして、ヨーロッパでラリー修行を行なってきた息子・新井大輝選手との親子対決が注目されている。

ゲストドライバー 鎌田卓麻(Takuma KAMADA)

1974年(昭和49年)北海道生まれ。10代から北海道ラリー選手権などの地方選手権で活躍し、22歳(97年)でサスペンションメーカーの若手ドライバー育成プログラムに抜擢され、インプレッサWRX STIで海外ラリーに参戦。2003年には東京スバルラリーチームのドライバーとしてAPRCラリー北海道やWRCラリージャパンに出場し、日本人チーム最高位ナショナルアワードを獲得。14年にSUBARU BRZで参戦した全日本ラリーで初のシリーズチャンピオン、15年には同じくSUBARU BRZで全日本ダートトライアルPN2クラスチャンピオン、18年はSUBARU WRX STIでSA2クラスチャンピオンを獲得。19年は4WD化されたSUBARU BRZでD部門に参戦するなど、ラリーとダートトライアルの両カテゴリーで活躍中。

申し込みはコチラから!(応募多数の場合、抽選となります)

【ご応募いただく皆さまへのお願い】
■当日はできる限り普段運転されているお車でお越しください。
■お車のメーカーは問いません(スバル車以外でも大丈夫です)。
■駐車場に限りがございますので、ご同伴者がいらっしゃる場合でもなるべく1台でお越しいただけますようご協力ください。
■ご自身のお車でご参加いただくプログラムもございます(ドライビングポジション、ペダル操作練習、松田式オートテスト)。
■アイサイト体験につきましては試乗車にてご体験いただきます。
■運転をともなうイベントですのでご飲酒後のご参加はお断りさせていただきます。
■会場は所定の喫煙所以外は禁煙となっております。
■ペット(盲導犬・身体障害者補助犬を除く)の同伴はご遠慮ください。
■小さなお子様とお越しの際は、レッスンに参加される方以外に大人の保護者の方を1名以上ご同伴ください。
■今回のイベントにおいて、撮影した写真・動画は、自動車雑誌・WEBサイト等、SUBARUに関連するメディアに掲載される場合があります。
■応募をもって上記の使用の承諾をいただけたものとし、使用期間・使用方法については、SUBARUおよびスローエイジング・ドライビングレッスン事務局に一任いただけたものと致します。
■お客様ご自身のSNS等で写真・動画を使用される場合は、他のお客様のナンバーや個人情報が掲載されないよう、ご配慮をお願いいたします。
■SUBARU東京事業所駐車場およびテストコースでは写真撮影はご遠慮ください(東京スバル三鷹店2F会場は撮影可)。
■イベント中は皆さまの安全確保のため、係員及びイベントスタッフの指示に従ってください。
■本イベント中に発生した事故については、一切賠償の責任を負いません
■ご参加ご希望の方は下記の応募フォームよりお申し込みください。
■応募多数の場合は抽選とさせていただきます。何卒ご了承ください。
■お申し込みの際にご記入いただいた個人情報は、当イベントの募集、運営のみに使用し、法令に基づく場合など、正当な理由がある場合を除き、第3者に開示提供いたしません。

公式HPはこちらから

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ