MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. 新車情報

アストンマーティン「ヴァンテージ」にオープンモデルの「ロードスター」が登場! 軽量ファブリックルーフを採用|ハイエンドスポーツカー速報

  • 2020/02/12
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

アストンマーティンは2月12日、ヴァンテージにオープンモデルの「ヴァンテージ・ロードスター」を設定したことを発表した。英国市場での価格はでは12万6950ポンド(約18,070,000円)からで、顧客へのデリバリーは今年の第2四半期からスタートする予定だ。

Z字型に折りたたまれるソフトトップはわずか7秒未満で開閉が可能

 2018年に発売された現行ヴァンテージに加わった新たなモデルバリエーションとなるヴァンテージ・ロードスターは、卓越したパフォーマンスと優れたドライビングダイナミクス、そして日常での使いやすさを高次元でバランスさせているのが特徴だ。

 ルーフは電動開閉式の軽量ファブリックで、Z字型に折りたたまれる機構を採用。オープンボディ化に伴い、ボディやシャシーにはクーペのものから専用に改訂された。これによる重量の増加はクーペ比でプラス60kgだ。

 このファブリックリーフは50km/hまでなら、走行中でも開閉が可能。ルーフの折りたたみ時間はオープンにするのに6.7秒、クローズするのに6.8秒と素早く、同社では世界の電動コンバーチブルモデルのなかでもっとも速いオペレーティングシステムを備えていると主張している。

 ルーフの格納スペースが必要なぶん、クーペと比べてトランク容量は小さくなるが、それでも200Lを確保。フルサイズのゴルフバッグと手荷物は収納できるという。

 パワートレインはクーペのそれに準じたもので、510psと685Nmを発揮する4.0L V型8気筒ツインターボエンジンにZF製8速ATを組み合わせる。0-60マイル(約97km/h)加速タイムは3.7秒、最高速は190マイル(約306km/h)をマークする。

 ロードスターとはいえ、クーペで実現した走りのスポーティなキャラクターはしっかりと息づいている。アダプティブダンピングシステムやダイナミックスタビリティコントロール、ダイナミックトルクベクトリング、電子式リヤディファレンシャルといったデバイスが採用され、質の高いパフォーマンスを発揮。走行モードは「スポーツ」、「スポーツ+(プラス)」、「トラックシャシー」の3モードが設定。ロードスター専用に調整されている。

 このヴァンテージ・ロードスターの登場を機に、クーペを含めたヴァンテージ・シリーズには、初代ヴァンテージの誕生から70周年を記念したオプションアイテムを新たにラインナップさせた点もニュースだ。フロントグリルには現行ヴァンテージ・クーペに採用され、サーキットトラックにインスピレーションを得た「ハンター」デザインのほか、新たに同社の象徴的な「ベーン」デザインも設定。このほかアロイホイールの選択肢が拡大されたほか、クーペのAMR仕様にのみ提供されていた7速MT仕様を選択することも可能となった。

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ