Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. フェアレディZ

新型フェアレディZに思う:火曜カーデザイン特集 新型日産フェアレディZプロトタイプに思う:Zらしさを象徴するデザインアイデアはコストダウンから生まれた

このエントリーをはてなブックマークに追加
発表されているZ PROTOは、まさに初代フェアレディZをアイコニックに現代へと蘇らせた。

今注目される新型フェアレディZだが、やはりその姿は初代モデルS30のオマージュでもある。それは、フェアレディZのヘリテージをもう一度見直す上でも貴重な経験であり、またZというものをどう捉え直すのかの拠り所ともなるものだろう。ここでは、Zのヘリテージを探るにあたり、2015年刊「初代フェアレディZのすべて」内で行なわれた、初代Zのチーフデザイナーで先に他界された故松尾良彦さんへの取材のメモをもとにした述懐とともにお届けしたい。

個性的なフロント&リヤデザインに隠されたローコスト戦略

Zらしさを表現する上で重要な初代フェアレディZだが、その特徴となるのはロングノーズ&超ショートデッキのプロポーションと、低いノーズに収まるヘッドライト、そしてスパッと切り落とされたリヤエンドの3点によって構成される。
他方でフェアレディZのセールスポイントは、当時「ポルシェの半分の値段で同等の性能」と言われたように、高い性能に合わせてリーナブルな価格にもあった。
このローコスト化とフェアレディZらしさは、絶妙にシンクロしていたのだ……。

初代フェアレディZ。その特徴は低いノーズに沿ったヘッドライト。

フェアレディZの開発にあたり、松尾氏はそれ以前のフェアレディの生産ラインのある日産車体を視察に行ったという。そこで見たのは、ほとんど手作りで生産されているフェアレディの実態で、月産200台がやっとだった。
しかし新しいフェアレディZは、低価格を前提に生産ラインが活用できる、月産3000台を目指すという目標を立てる必要があった。そのためには、合理的な構造も必要となるのだった。

他方で、当時のスポーツカーが未だ手作りに近い状態であったのには、理由があった。それはいかに美しいボディを作るかということだ。
例えばジャガーEタイプを見てみれば、優雅なボンネットにはまったく接合線がない。現代の車であれば、ボディと樹脂バンパーの間には隙間があるのは全く当然のことだが、かつてのスポーツカーや高級車では、オープニングライン以外ではできるだけ接合部分を見せないというのが常識だった。
ジャガーEタイプではボンネットを1つのピースを叩き出すことでフェンダーに回り込むまでのカウルを構成するという手法を採用していた。また、ピニンファリーナで製造されたアルファ-ロメオ・スパイダーでは、ヘッドライトのマウント部分は、1ピースでの造形は難しく別体パーツの溶接と磨き上げによって成形されていたという。これらが手作りと言われる製造方法だったのだ。

ピニンファリーナ工場で生産されたアルファ・スパイダー。プレス成形が不可能なヘッドライト部分は溶接加工され、研磨によって美しい面を作られた。当然時間もコストもかかる手作業となった。

対するフェアレディZでは価格を下げるためにラインでの製造を行ないたい。そのためには、手のかかる作業を排除したい。そこで考えられたのが、別体で樹脂製としたヘッドライト周辺部分のパーツの採用だ。初代のS30フェアレディをみれば分かるが、ヘッドライト周りは別パーツとなっている。
これによって、フェンダー部分をプレスだけで製造できる構造とできているのだ。さらにこの発想があったからこそ、ノーズを延長するGノーズのアイデアも生まれたのだと思う。さらに空気抵抗を減らす目的で開発され、プロトタイプを作った時点であっさりと200km/hの最高速度を実現できてしまったという。またヘッドライト部分は別パーツを必要としたが、大きな負担にはならなかった。

上がショートノーズのZ432、下がロングノーズの240ZG。ノーズを付加することで異なる2つの表情を作り上げることができた。ヘッドライト部分はFRPの別体造形。
そしてZ PROTO。ヘッドライト周りは別体ではないが、初代のイメージを見事に継承。

さらに、テールエンド部分を一体構造とせずに別体としてはめ込んだことも、コストダウンを図るためだった。その時点で生まれたのが、周囲に回り込まないパネル構造だ。それを前提にデザインしながらも、スパッと切り落とされたテールエンド造形は、印象的なデザインとなった。
このヘッドライトの造形は、別体アイデアあってこそ実現できたことであり、やリヤ周りの造形は、コストダウンの賜物ともいえる。そしてこれらは2代目でも採用されることになるのだが、フェアレディZにとっての極めて個性的な造形となり、デザインテーマとしては大切にされてきた。
3代目(Z31)、4代目(Z32)では、これまでのZを打ち破るということで、様々なトライアルが行われたが、それでもテールエンドのテーマは残され、以降のモデルではフロントのアイデアがキーポイントとして復活したともいえる。

写真は初代Z 2by2。リヤエンドは別体式として製造コストを抑えた。余談ながら、ハッチバックの採用はGTとしての荷室容量を確保するため。おかげでラリーカーはタイヤ2本を積載できた。
こちらは4代目(Z32)のテールエンド。造形は異なるが、初代に共通するイメージを継承させたい意図が伝わる。
Z PROTOも、やや変化球ながらリヤエンドに共通したイメージがある。

このようにフェアレディZは、日本を代表するスポーツカーとして知られることとなったが、その影には量産化、低価格化のための技術から採用された造形手法があった。
そのことが、Z PROTOにまで通じるフェアレディZを象徴するアイコニックな形として復活したことは、極めて象徴的な出来事である。そして、60年代末にこのような情熱的で美しい車が生まれたことを、再び思い出として刻んでおきたいと思う。今でも思い出される松尾良彦さんの笑顔とともに。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ