テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/12/04
  • Motor Fan illustrated編集部

ジェイテクト:「円すいころ軸受の超低トルク化技術」が近畿地方発明表彰で 「奈良県発明協会会長賞」を受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
超低トルク円すいころ軸受LFT-Ⅲ(カットモデル)
ジェイテクトは、11月7日に「円すいころ軸受の超低トルク化技術」で、平成30年度近畿地方発明表彰の「奈良県発明協会会長賞」を受賞した。

 近年の地球温暖化問題などにより、自動車に対する低燃費化や省エネルギー化への要求が高まっている。このような情勢の中、自動車1台当たりに100個以上使われている転がり軸受に対してもさらなる高効率化、すなわち低トルク化への期待が高まっている。

 ジェイテクトは自動車や産業機械で数多く使われている円すいころ軸受に着目し、コンパクトで長寿命、高剛性という円すいころ軸受の特長を保持したまま摩擦トルクを画期的に低減する技術を考案し、実用化した。

 今回の発明「円すいころ軸受の超低トルク化技術」は、(1)内部諸元(ころの数、長さ、直径、接触角、軌道形状)の最適化による転がり粘性抵抗の低減技術(図1)と(2)潤滑油の流れ制御によるかくはん抵抗の低減技術(図2)によって構成されている。これらの軸受設計技術を適用することにより、標準軸受に対して50%の低トルク化が可能となった。

 さらに、長寿命熱処理の適用による小型化技術を本発明技術と併用することによって、標準軸受に対して80%の低トルク化を実現した。これらの技術が適用された円すいころ軸受を自動車のデファレンシャルギヤ装置のドライブピニオン支持部に使用した場合、NEDCモードにおいて1.5~2%の燃費改善効果と3.5~4.5g/kmのCO2排出量の削減効果が期待できる。

 本発明を備えた超低トルク円すいころ軸受LFT-Ⅲは2007年より国内外の自動車メーカー向けに量産されている。

図1:内部諸元の最適化(イメージ)
図2:潤滑油の流れ制御
(左から)受賞者・松山博樹さん(研究開発本部 研究企画部)/日本弁理士会・渡邊隆文 副会長/受賞者・髙橋譲さん(軸受事業本部 実験解析部)

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated