MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. シトロエン|CITROEN
  4. C3

個性的なBセグ・シトロエンがデビュー 新型シトロエンC3登場!価格は216万円から

このエントリーをはてなブックマークに追加

プジョー・シトロエン・ジャポンは、7月7日に新型シトロエンC3を発表。発売を開始した。
価格はC3 SHINE DEBUT EDITION:226万円(限定200台)
   C3 FEELが216万円
   C3 SHINEが239万円。

シトロエンC3は2002年のデビュー以来、350万台を販売してきたシトロエンにとって最重要モデルである。実際、欧州販売の5台に1台はC3だった。
ライバルは、フォード・シエスタ、VWポロ、ルノー・クリオといったところだ。

新型のデザインは、個性的なC4カクタスのデザインキューをうまく取り入れている。サイドビューでは、黒いAピラーによってルーフが浮かび上がって見えるようになっているのが特徴だ。

ボディ寸法は、全長×全幅×全高:3995×1750×1495mm
ホイールベースは2535mmである。

新型はオンボードカメラを搭載。 (フロントウィンドウから前方へ向けて設置)、旅行 中に出会った風景などを写真やムービーとして撮影し、スマートフォンを介してシェア できる。このシトロエン・コネクテッドカムは自動車として世界初の装備だ。

プラットフォームは、PSAグループのスモールカー用のプラットフォームであるPF1だ。従来のPF1をC3のために大幅に最適化したという。発表されていないが、PF1を改良版であるCMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)なのだろう。

PSAグループはCセグ以上のモデル用にEMP2という新しいプラットフォームを持っているが、新型C3はEMP2ではなく、PF1の大幅改良版(=CMP)を使う。

C4カクタスで最初に採用したエアバップは、エア封入の軟らかい素材で、傷を防ぐ効果を持ちながらも外観で大きなアクセントなっている。

6つの空気入りかカプセルからなるエアバンプは、強化されたポリウレタン製で紫外線や降雨、経年変化、傷などのリスクに対して高い耐性を持つ。これはシトロエンとBASFが共同で開発したもので、エアバンプはBASFが生産している。

エンジン形式:HN01(EB2 PureTech) エンジン形式:直列3気筒DOHCターボ 排気量:1199cc ボア×ストローク:75.0×90.5mm 最高出力:81kW(110ps)/5500rpm 最大トルク:205Nm/1500rpm
エンジンは、PSAの新世代PureTechだ。新型C3が搭載するのは、1.2ℓ直列3気筒DOHCターボ。最高出力は81kW(110ps)/5500rpm
5500rpm、最大トルクは205Nm/1500rpm。使用燃料はハイオク。燃費は、JC08モードで18.7km/ℓである。

注目ポイントは、GPFを装備していること。GPFとは「ガソリン・パーティキュレート・フィルター」で、厳しくなる排気規制、特に直噴ガソリンエンジンで問題となるPN規制(パーティキュレート・ナンバー)に対応するために採用したと思われる。

トランスミッションは6速AT。アイシン・エィ・ダブリュ製のトルコン6速ATだ。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ