MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/10/26
  • 世良耕太

【東京モーターショーTECH】イケヤフォーミュラが開発するV型10エンジンと究極のロードゴーイングスポーツカー、

シームレストランスミッション、IST。次はV型10気筒エンジンの開発だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
4.0ℓ・V型10気筒エンジン。目指すのは、マルチシリンダーしか出せない快音。
東京モーターショーに、真紅のスーパーカー然としたマシン(クルマというよりこの方が相応しい)が出展されている。イケヤフォーミュラが開発するIF-02RDSだ。「究極のロードゴーイングスポーツカー・その序章」という、このマシン。外観だけでなく、中身も注目すべき技術が詰まっている。
注目は、ナンバーがついていること。つまり、もう公道を走れるのだ!
イケヤフォーミュラが開発した画期的なシームレストランスミッション、IST。

イケヤフォーミュラは、「モータースポーツの世界から、路上へ」をコンセプトに開発・製造したIF-02RDSを展示した。「どこかで見たことある」と感じたとしたら2つの意味で事情通もしくは勘が鋭いと言える。

理由の1つはこのクルマ、まったくの新規出展ではない。2013年の東京モーターショーで展示されている。当時の技術的なハイライトは(いかにもスポーツカー然としたスタイリングもハイライトだが)、IST(Ikeya Seamless Transmission)と呼ぶシームレストランスミッションだった。DCTのような複雑な機構を必要とせず、駆動トルク切れのない変速を実現する。イケヤフォーミュラの発明品だ。

以後、4年の間にIF-02RDSは進化した。ホンダのK20A型2.0ℓ・直4エンジンをターボ過給したユニットを車両ミッドに搭載。IST(5速)と組み合わせて走行できるようにしたのである。さらに、ナンバープレートを取得して公道走行を可能にした。「モータースポーツの世界から、路上へ」のコンセプトは完結したことになる(が、実際は終わっておらず、新たなプロジェクトがスタートしている→後述します)。

「どこかで見たことある」その2の解答は、9月に開催されたフランクフルトモーターショーにある。このショーで注目を集めた和製電気スーパーカー、ASPARK OWLのスタイリングデザインは、IF-02RDSと同じデザインスタジオの手による。車両製作はイケヤフォーミュラが行なった。兄弟みたいなものだ。

展示車両には前述のとおり、量産エンジンベースの4気筒ターボが載っているが、まもなく、オリジナルのエンジンに置き換えられることになる。それが「新たなプロジェクト」で、4.0ℓ・V10エンジンを開発中だ。ブースには、エンジンとトランスミッションのモックアップが展示してあった。

将来的には、開発しているV10エンジンを搭載する予定だという。

IF-02RDS
SPECIFICATIONS
車両寸法:全長×全幅×全高:4660×1975×1080mm
ホイールベース:2750mm
車重:1150kg

エンジン
エンジン形式:直列4気筒DOHCターボ
排気量:1998cc
過給:ターボチャージャー
最高出力:220〜260kW(推定)
トランスミッション:5,速IST
デファレンシャル:IKEYA LSD
サスペンション:F/Rダブルウィッシュボーン・コイル
タイヤ:F 275/30ZR19 R 335/30ZR20
ステアリング:イケヤフォーミュラ製ラック&ピニオン(電動アシスト付き)
ブレーキ:F/R APRacng

ホンダ、トヨタ、ヤマハ……日本のレーシングエンジンのノウハウが詰まっている。

展示車両には前述のとおり、量産エンジンベースの4気筒ターボが載っているが、まもなく、オリジナルのエンジンに置き換えられることになる。それが「新たなプロジェクト」で、4.0ℓ・V10エンジンを開発中だ。ブースには、エンジンとトランスミッションのモックアップが展示してあった。

IF-V10Eと名付けたV10エンジンを開発する理由は、「音」だ。「モータースポーツの世界から、路上へ」がこのクルマのコンセプトだが、それを具現化するにはスタイリングだけでは不十分で、エンジンの音も欠かせないというわけだ。その音は、3.5ℓ・V10時代のF1エンジンをイメージしている。すでに過去の音になって久しい、独特の高回転サウンドである。

サーキットならまだしも、公道を走るクルマがかつてのF1が発していたような大ボリュームのサウンドを撒き散らすわけにはいかないが、「それはね、いろいろ付けたり外したり、切り換えたり……」とイケヤフォーミュラの池谷信二代表取締役は温めているアイデアのヒントを話してくれた。

エンジンの設計・開発は、かつて3.5ℓ・V10の高回転F1エンジンを開発したことのある日本人技術者に依頼しているという。出力は450kWを見込んでいるが、絶対的な性能を追い求めたV10ユニットではない。欲しいのは、あくまでもF1の高回転サウンド。 10気筒なら等間隔爆発になる72度のVバンク角とするのがセオリーだが、見栄えを考えて90度を選択した。

オリジナルのエンジンを開発するなどコストのかかる大がかりなプロジェクトと考えがちだが、「それほどでもない」と池谷氏は言う。少なくともシリンダーブロックはアルミ合金ブロックから精密機械加工(いわゆる削り出し)で製作する予定で、鋳造で製作するより低コストで済む見込みだという。ポルシェがル・マンカーの919ハイブリッドに搭載する2.0ℓ・V4エンジンで採用している手法だ。

トランスミッションケースに内蔵するのはもちろんIST。ブースには機構説明用のISTのカットモデルが展示してあるが、IF-02RDSが搭載するのは、カットモデルのISTよりも全長が短いという。カットモデルは量産トランスミッションをベースにIST化したものだが、IF-02RDSが搭載するISTは専用設計のため、変速ギヤの歯幅やクラッチリングを薄くしている(高トルクに耐えるため、軸間は広くしている)。

順調に開発が進めば、次回のモーターショーを待たずに高回転V10サウンドを聴くことができそうだ。

IF-V10E
SPECIFICATIONS
エンジン形式:V型10気筒DOHC
バンク角:90度
排気量:4000cc
バルブ:吸気2/排気2
燃料供給:PFI
最高出力:450kW推定
トランスミッション:IST

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
大阪モーターショー