MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/17
  • 遠藤正賢

メルセデス・ベンツSクラスクーペ/カブリオレがマイナーチェンジ、最先端の技術を満載!

フロントマスクはワイド感を強調、リヤには有機ELコンビネーションランプを採用

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルセデス・ベンツSクラスクーペ/カブリオレ
メルセデス・ベンツ日本は6月20日、フラッグシップサルーン「Sクラス」をベースにした2ドアモデル「Sクラスクーペ」および「Sクラスカブリオレ」をマイナーチェンジ。同日より販売開始した。
「AMGライン」を装着したメルセデス・ベンツSクラスクーペのフロントまわり

 フロントには、大型のエアインテークを備えたバンパーを採用してワイド感を強調。なお、「AMGライン」を選択した場合は、左右のエアインテーク部がさらにダイナミックなデザインとなり、クローム加工を施した2本のフィンが装着される。

有機ELリヤコンビネーションランプを採用したメルセデス・ベンツSクラスカブリオレのリヤまわり

 リヤには片側33枚の有機ELパネルをコンビネーションランプに使用。また、解錠/施錠時にコンビネーションランプの各ランプが流れるように点灯する「カミングホームファンクション機能」を追加した。

メルセデス・ベンツSクラスクーペのインパネ

 インテリアには、大型の「コックピットディスプレイ」や、「タッチコントロールボタン」付のマルチファンクションステアリング、カラーがゆっくりと変化し続けるマルチカラーアニメーションを搭載した64色のアンビエントライトなどを新たに採用。また、最大9種類のインテリアと最大7種のインテリアトリムを設定している。

メルセデス・ベンツSクラスカブリオレの運転席まわり

 そのほか、最先端の予防安全パッケージ「インテリジェントドライブ」、テレマティクスサービス「メルセデスミーコネクト」、気筒休止機能を備え環境にも配慮した新型V8直噴ツインターボエンジンや電子制御4WD「AMG 4MATIC+」などを、Sクラスセダンに続き採用した。

 価格はSクラスクーペが1508万~3310万円、Sクラスカブリオレが2175万~3470万円。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る