MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

中国のジーリー(吉利汽車)とボルボが共同出資した「Lynk & Co」とはどんな自動車メーカーなのか? 「自動車業界のNetflix、Spotifyのような存在になりたい」Lynk & Coとはどんな自動車メーカーなのか?

  • 2018/10/23
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月19日、Gely(吉利汽車)とボルボが共同出資した「Lynk & Co(リンク・アンド・コー)」が、3番目のモデルとなる新型セダンの「03」を富士スピードウェイでワールドプレミアした。「グローバルローンチイベント」と題して300人の中国メディア、そして日本のメディアも招き、本コースでのテストドライブも含まれるという、珍しい手法でお披露目されたのだ。

TEXT◎塚田勝弘(TSUKADA Katsuhiro)

想像以上の完成度! 中国資本、スウェーデン仕立ての「Lynk & Co」3番目のモデル「03」に試乗!!

自動車業界の新しい流れ「サブスクリプション」を発想の源に置くLynk & Co

Lynk & Co(リンク・アンド・コー)3番目のモデルとなる「03」は、中国市場で人気のセダンにすることで、さらなる拡販を狙う。プラットフォームはボルボXC40と同じ「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)」を採用。当面は1.5Lの直列3気筒ガソリンターボで、将来的にはプラグインハイブリッドの追加も予定しているという

「Lynk & Co」という自動車メーカーを初めて知ったという人も多いだろう。同社は2016年10月、吉利汽車集団(ジーリー・オート・グループ)を擁する浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディング・グループ)とボルボ・カーズとの共同出資により設立。本社は中国の浙江省杭州市にあるが、実際の開発現場はスウェーデンに設けられている。

 周知のとおり、浙江吉利控股集団は、2010年にボルボを傘下に収め、2018年2月には、ダイムラーに9.69%出資して筆頭株主になったことでも話題を集めた。ほかにも、ボルボ(トラック)やロンドンタクシーにも出資するなど、豊富な資金力を背景とした積極的な投資でも知られている。

 なお、Lynk & CoのCEOは、ジーリー・フォールディング・グループ社長であり、ジーリー・オート・グループのCEOでもある安聰慧氏(An Conghui)がジーリー・オートの事業経営を統括している。

 では、Lynk & Coは吉利(ジーリー)のサブブランドか? というと、それだけでは正確とはいえない。ジーリーは、モデルラインアップも多く、幅広い価格帯、オールラインアップを目指すフルラインブランドという位置づけがされている。

 一方のLynk & Coは、シンプルなモデル構成とグレード展開が特徴で、価格レンジも中級から高級車市場に狙いを定めている。また、従来のディーラーでの販売に加えて、インターネット販売、サブスクリプションやシェアリングといった新しい販売方法、サービスでの拡販を狙っている。

 そして何より、ボルボのエンジニアリングを使うことで、欧州や米国、オーストラリアなどで販売を計画するグローバルモデルであるのも大きな特徴といえるのだ。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ