MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/17
  • MotorFan編集部

学生注目!「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」をプロのライターの解説付きで回ってみませんか?

人とくるまのテクノロジー展2019 横浜 MFiガイドツアー

このエントリーをはてなブックマークに追加
モーターファン・イラストレーテッド編集部は、5月22日〜24日の三日間、パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」で学生(大学生、大学院生、専門学校生)や若者を対象としたガイドツアーを行なう。自動車業界と自動車のテクノロジーに精通したMFiレギュラー執筆陣と一緒に、テクノロジー展を回ってみませんか? もちろん、無料。お土産付きです!
参加者にプレゼントするMFi特製クリアファイル

「人とくるまのテクノロジー展」は、1992年にスタートした自動車技術の専門展。自動車技術にフォーカスした、テクノロジー・エンターテインメント誌である、Motor Fan illustratedにとっても、最も重要なイベントである。(編集部内では「人くる」「人テク」あるいは、「テク展」と呼ばれています)


 自動車メーカーはもちろん、サプライヤーなど国内外の自動車技術が一堂に会する大規模なイベントに成長しており、今年は600社以上の企業が出展する。

 世界的にみても、これほど規模が大きくレベルが高い技術見本市はないと断言していいほどのユニークなイベントだ。
 それゆえ、これから自動車業界を目指す学生や若者には、「はて、なにをどこから見ていいものやら」と、思ってしまう部分もなきにしもあらず。

 そこでMFi編集部が、手練れのジャーナリストによるガイドツアーを企画した、というわけだ。

昨年のイベントの模様。
各社が最新技術をアピールする。

 案内役は、
牧野茂雄氏
世良耕太氏
髙橋一平氏
 の3名のジャーナリスト。現在の自動車業界、技術開発の裏事情まで通じたジャーナリストだから、ここでしか聞けない話もきっとしてくれるだろう。もちろん、MFi編集部のスタッフもサポートする。


 授業の一環として「人とくるまのテクノロジー展」を訪れる学生の方も年々増えているが、このガイドツアーに参加すれば、自分ひとりで会場を回るよりも、より深く訪問ブースの技術について理解できるはず。さまざまな視点から出展社の新技術を見られることは、レポート作成などにも役立つことだろう。また後述するように参加特典も多数用意。1回のツアー定員は10名なので、希望者はお早めにご応募ください!


【開催概要】
日時:
5月22日(水)〜24日(金)の3日間
それぞれ午前の部(10:00〜)/午後の部(14:00〜)の1日2回開催予定
人数:1回につき10名 ※定員になり次第、締め切りとなります。
費用:無料
場所:パシフィコ横浜「人とくるまのテクノロジー展」
申込:事前予約は5月20日(月)17時まで(当日受付は空きがある枠のみ可。先着順)
下記応募フォームにアクセスし必要事項を記載
https://san-eishobo.jp/form/pub/2/mfi_guide

申し込みは下記、QRコードからも可能だ。
特典:MFi最新号vol.152(1600円+税)1冊、並びにMFi特製オリジナルクリアファイルを全員に贈呈。
※学生の方は、当日学生証をご持参ください。

【注意事項】
※ 少人数制となりますので、応募者多数の場合、ご応募いただいた方の中から抽選とさせていただきます。
※ 一般の方も応募いただけます(申し込み多数の場合、学生の方が優先となりますことをご了承ください)。
※ 当選のご連絡、および参加決定日時は、編集部より当選者にのみ、順次ご連絡差し上げます。
最終のご連絡は、2019年5月21日(火)までにメールにてご連絡差し上げます。



参加者にはMFi最新号を進呈。
こちらのQRコードからでも参加申し込みが可能。

ツアーのガイド役はこちらの3名が務める。期間中6回を予定している各ツアーそれぞれに1名が同行する。

【ツアーガイド担当スケジュール】
①5月22日(水) 世良耕太氏
②5月23日(木) 牧野茂雄氏
③5月24日(金) 髙橋一平氏

【往訪ブース(予定、順不同)】
 ・ジェイテクト
 ・日本精工(NSK)
 ・ANSYSジャパン
 ・キャタラー
 ・ミクニ
 ・不二越
 ・dSPACE
  ほか

【牧野茂雄氏】
モーターファン・イラストレーテッドで健筆を振るうジャーナリスト。自動車というプロダクトのみならず、新聞記者時代に培った経験と情報網を活かした、市場環境や生産現場などのバックグラウンドまでを含め鋭く考察する。中国市場にも強い。趣味は多彩で、編集部で把握しているのはオーディオと葉巻。

【世良耕太氏】
冷静沈着が服を着て歩いている印象のジャーナリスト。インタビューでは聞き上手かと思いきやエンジニアをうならせる質問と意見をぶつけたりなど変幻自在。ひとつひとつを確実に積み上げ、非常にわかりやすく解説する。モータースポーツの技術に関して第一人者としても高名。ビールがとても好きらしい。

【髙橋一平氏 】
エレクトロニクスに強い、理系ライター。飄々とした風体ながら取材では秀才ぶりを覗かせる機会多々、周りは本人同士が何を話しているのかわからない状況下、後日「そうだったのか」と膝を打つ原稿が編集部に届く。二輪界の出身で、そちらの世界でのあだ名は「CLUSH KING」らしい。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る