MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > マツダ > MAZDA3ファストバック > マツダのディーラーにドイツ車が展示? その理由にびっくり! 新型Mazda 3に自信あり。
  • 2019/05/29
  • MotorFan編集部 萬澤 龍太

マツダのディーラーにドイツ車が展示? その理由にびっくり! 新型Mazda 3に自信あり。

新型マツダ3

このエントリーをはてなブックマークに追加
クルマを見に行った首都圏近郊のマツダディーラー。
新しく登場したマツダ3を一目見ようと、ディーラーへ赴いた。すると、見慣れないクルマが3台並べられている。その意図とは。

 22日から24日までの3日間、パシフィコ横浜展示ホールで開催されていた「人とくるまのテクノロジー展」を取材していた。そのマツダブースに登場間もないマツダ3が飾られていた。

「なんだこのクルマは!」

 MF.jpで何度も取り上げられているクルマだったが実物を見るのは初めて。こんなことを書くといかにもな感じで申し訳ないのだが、あまりに格好良くて立ちすくんでしまった。同じことを思っている人が多数なのか、会期を通してマツダ3の周りから人が途切れることはなかった。

 あまりに自分の中でインパクトが強かったので、ディーラーへ出かけてみようという気分になった。一般的にディーラーへクルマを見にいくとアレやコレやとなってその後の連絡攻撃に悩まされることが多いのではないかという思いもあって、普段はまったく出向くことはないのだが、今回はそれを押してでも見に行ってみたいという欲求が先に立った。

発売間もないマツダ3が並んでいる

 出かけたのは首都圏内の某マツダディーラー。すると、軒先に3台のガイシャが停めてあるのに気がついた。VWゴルフにBMW・1シリーズにアウディA3セダン。初めは(マツダ3を見に来たお客さんのクルマかな)と思ったのだが、それにしては停めてある場所がおかしい。横に長いテラスの真ん中に3台がいて、一番奥にマツダ3のセダンが、手前にはファストバックが2台停められている。誰かが乗ってきたクルマという様子ではないのだ。

ここの、ロードスターRF、アテンザ、CX-8のあたりに3台は並べられていた。
裏に3台は待機。

 ディーラーの方に思わず訊いてみた。「なんでこの3台が置いてあるんですか」。すると、驚くべき回答が返ってきた。

「比較用に用意したんです」

 来訪するお客さんがマツダ3を見に来て、「ゴルフと迷っているんだよね。あっちも確認してみたいから」みたいなことをおっしゃるときに「用意がありますよ」と言えるようにしておくためだという。マツダ3のライバル車として、先述の3台は比較検討されることが多いという判断なのだろう。

 マツダの自信は相当なものだ。一般的に(失礼ながら)マツダとドイツ車とくれば後者に人気が集まるのは自然。その潮流を知りながらなお、あえて直接のライバルとするクルマを用意してお客さんに見てもらう。それでも勝てる、という目算があるからこそ、できる芸当である。
 個人的にも、じゃあこの4台の中からどれにすると訊かれれば即答で「マツダ3」と応えるだろう。試乗もしていないし、パワートレインラインアップがまだそろっていない状況でも、である。

 カッコイイからマツダにした。そういう理由で国産車が路上に増えていくのを楽しみにしている。

ポリメタルグレーメタリックのファストバック。もうこの組み合わせだったら正直、エンジンなんてどれでもいいです。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る