MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

Mazda 2 with SKYACTIV-G1.5 with M-Hybrid マツダのMazda2(旧車名デミオ)の欧州仕様は、SKYACTIV-G1.5+M-Hybrid。ディーゼルはなし

  • 2019/07/20
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
欧州仕様のMazda2はM-Hybrid

日本でもグローバルな車名であるMazda 2に改名したデミオ。日本仕様は1.5ℓガソリンエンジンと1.5ℓのディーゼルを設定するが、欧州仕様は1.5ℓガソリンのみだ。しかも、日本仕様にはないM-Hybridになる。

デミオもついにMAZDA2(マツダ2)に! すべてのマツダ車の名称変更が完了!

 欧州でもマツダのエントリーモデルは、Mazda2だ。

2014年のデビュー時、欧州では

SKYACTIV-G1.5(75s)
SKYACTIV-G1.5(90s)
SKYACTIV-G1.5(115ps)with i-ELOOP
SKYACTIV-D1.5

だった。

SKYACTIV-D1.5

 今回改良を受け、2020年初頭から発売されるMazda2は、3つのパワートレーンを設定する。駆動方式はFFのみ。AWDの設定はない。
SKYACTIV-G1.5(75s)with M-Hybrid 6MT
SKYACTIV-G1.5(90s)with M-Hybrid 6MT
SKYACTIV-G1.5(90s)with M-Hybrid 6AT

 である。

Mazda3のSKYACTIV-XエンジンにはM-Hybridが採用されている。

 言うまでもなく、M-Hybridは、BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)を使ったマイルドハイブリッド・システムだ。徐々に普及が始まったマイルドハイブリッドだが、主流は48Vシステムだ。しかし、マツダは24Vを使う。
 
 デビューしたばかりのMazda3は、SKYACTIV-G2.0+M-Hybrid(欧州仕様。日本仕様はM-Hybridはつかない)とSKYACTIV-X+M-Hybridを設定している。

 Mazda2の欧州仕様に24V M-Hybridを採用するということは、M-Hybridを本格的に採用していく、という流れだと推測できる。

 また、日本仕様にはあるSKYACTIV-D1.5もラインアップから外していることからも、小さいクラス(Mazda2)に小さいディーゼル(SKYACTIV-D1.5)は使わず、ガソリン+M-Hybridでいくということだろう。Mazda3もMazda CX-30も1.8ℓのSKYACTIV-D1.8を搭載する。SKYACTIV-D1.5を使うのは、現在日本仕様のMazda2のみだ。

新型マツダCX-30デビュー!!

新型マツダCX-30デビュー!! 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ