MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

スバル、北米で好調を維持。クロストレック(SUBARU XV)は新記録達成

  • 2019/11/05
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年モデルのスバル・クロストレック(日本名XV)。これはハイブリッドモデル

北米スバル(Subaru of America)は、2019年10月の販売状況を発表した。昨年の10月と比べて0.3%増の5万5531台を販売。特に好調だったのは、クロストレック(日本名XV)だった。

 スバルの北米での販売は相変わらず堅調だ。10月の販売台数の5万5531台は、10月の販売台数としては新記録だ。

 では各モデルの販売台数を見てみよう。


2019年10月販売台数

フォレスター:1万5910台(前年同月比マイナス0.4%)
インプレッサ:5696台(同プラス3.6%)
WRX/STI:1409台(同マイナス38.1%)
アセント:6091台(同プラス1.4%)
レガシィ:2670台(同マイナス3.0%)
アウトバック:1万1506台(同マイナス0.6%)
BRZ:112台(同マイナス55.9%)
クロストレック(XV):1万2137台(同プラス9.9%)

 10月の販売台数は、5万5531台。前年同月比プラス0.3%。1-10月のトータルの販売台数は58万860台。これは昨年同期比プラス4.0%となっている。

3列シートの大型SUV、アセント。日本に導入されていないモデルだ

 相変わらず好調なのは、フォレスター。前年同月比マイナス0.4%だが、75カ月連続月販1万台超えを達成した。アセントも10月としては最高の販売実績。インプレッサもプラス3.6%となった。

 10月好調だったのはクロストレック(日本名スバルXV)。1万2137台は、クロストレックの月間販売台数の新記録だ。

新型に切り替わったアウトバック。どうやら前型の人気を引き継げそうだ

 新型と旧型の端境期にあたるレガシィとアウトバックは、ほぼ前年並みで、好調を維持していると言えるだろう。大人気だった現行型と新型をうまく繋げられそうな気配が濃厚だ。
 この新しい2モデルは、7月末より生産を開始した。ニューモデルになって販売台数が変わらないのは、前モデルがモデルライフ終盤まで非常に高い人気を誇ったこともあるが、新型の生産立ち上げ初期に品質確保のために生産を絞った影響もあるのかもしれない。

 この調子でいけば、2019年通年で70万台を達成できそうだ。ちなみに2018年は68万135台。これも過去最高だった。11月12月の2カ月でそれを更新できるかに注目だ。

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ