ベントレーモーターズ、日本時間1月27日午前1時から「ビヨンド100」に関する新構想をライブ配信

ベントレー、ニューモデルを予感させる刺激的な発表を予告

ライブ配信にはエイドリアン・ホールマーク会長兼CEOが登場し、“刺激的な”発表を行うと予告している。
ライブ配信にはエイドリアン・ホールマーク会長兼CEOが登場し、“刺激的な”発表を行うと予告している。
ベントレーモーターズは、同社が掲げる経営戦略「ビヨンド100(Beyond100)」に関する画期的な新構想を、現地時間1月26日16時(日本時間1月27日午前1時)から、英国・クルーの本社においてライブストリーミングで発表する。

電動化の進捗に加えて新たな発表も?

ベントレーは次の100年に向けて、持続可能なラグジュアリーブランドを目指し、積極的な電動化を進める「ビヨンド100」を発表。ベンテイガやフライングスパーにハイブリッドモデルを追加したほか、フルEVモデルも開発中とされている。

1月26日にベントレー・ニュースルームからライブ配信されるこの番組では、エイドリアン・ホールマーク会長兼CEOに加えて、ベントレーの経営陣が参加。持続可能な高級モビリティのリーダーを目指すベントレーの現状、さらにはニューモデルを含む、いくつかの“刺激的な”発表が行われると予告している。

番組の視聴は以下のリンク先「ベントレー・ニュースルーム」から可能。これまでベントレーが取り組んできたサステナブル、カーボンニュートラルといった次世代モビリティへの施策を、新発表が行わる前に改めて振り返ってみたい。

【関連リンク】
・ベントレー・ニュースルーム
http://www.bentleymedia.com/livestream

THE WORLD OF BENTLEY Vol.06

100年先へ。ベントレーの持続するラグジュアリー 【ベントレー特集:06】

創業してから100年以上に渡り、「良いクルマ、速いクルマ、クラス最高のクルマ」という創始者の…

カーボンニュートラルやゼロエミッションに向けて、全社的な環境問題への取り組みを行うベントレー

ベントレーが取り組む「本気のカーボンニュートラル」に向けた多彩な活動とは?

この2ヵ月の間、世界中のフォルクスワーゲン・グループの生産拠点では、環境問題に焦点を当てたプ…

ベントレー フライングスパーの正面ビュー

ベントレーは2021年に10のアワードを受賞! フライングスパーやベンテイガ、さらに「危機管理対応」も高評価を獲得

2021年、ベントレーは数々の栄誉あるアワードを獲得した。新型フライングスパーやベンテイガと…

ベントレーが新設したエンジニアリングテストセンター「33 ピムズレーン」

ベントレーが作った先進設備とは? 約18億円を投じた「33 ピムズレーン」が誕生

ベントレーは英国クルーの本社施設内に、新しいエンジニアリングセンターを開設した。グローバル基…

ベントレー、「PAS 2060」カーボンニュートラル認証を更新し、大幅な炭素削減によりオフセット量を81%削減

ベントレー、カーボンオフセット量を81%削減。カーボンニュートラル認証を再取得

英国・グラスゴーで開催された「COP26」会議において、世界中がゼロエミッションの未来を議論…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部