現代版フェラーリ 250GT SWB「RML ショートホイールベース」が完成

RML ショートホイールベースのプレ生産モデル「Car Zero」完成! フォトセッションと解説動画を公開 【動画】

先行テスト仕様「Car Zero」が完成したRML ショートホイールベースのエクステリア。
先行テスト仕様「Car Zero」が完成したRML ショートホイールベースのエクステリア。
英国のRML(レイ・マロック・リミテッド)グループが開発を続ける現代版フェラーリ 250GT SWB「RML ショートホイールベース」。プレ生産モデルの「Car Zero」が完成し、集中テストプログラムの開始に先立って、初の完成車両写真を公開した。

RML Short Wheelbase

RML初のオリジナルモデルがついに完成

先行テスト仕様「Car Zero」が完成したRML ショートホイールベースのエクステリア。
ツーリングカーレースやラリーで活躍してきたRML(レイ・マロック・リミテッド)初のオリジナルモデル「ショートホイールベース」のプレ生産モデル「Car Zero」がついに完成した。

「RML ショートホイールベース」は、40年近くにわたり様々なメーカーのロードカーやレーシングカーを開発・製造してきたRMLにとって、自社の名前とロゴを冠した初のモデルとなる。そして、限定生産されるRML ショートホイールベースのプレ生産仕様、「Car Zero」が完成した。

ドナー車両となる「フェラーリ 550」をベースに、1959年製フェラーリ 250GT SWBからインスパイアされたエクステリアを採用するRML ショートホイールベースは、フェラーリ製の排気量5474cc、65度V型12気筒自然吸気エンジンを搭載する。最高出力485ps(7000rpm)・最大トルク568Nm(5000rpm)、0-60mph加速4.1秒、最高速度185mph(約297km/h)という非常に高い性能を目標に掲げている。

CEO自身がショートホイールベースを解説

先行テスト仕様「Car Zero」が完成したRML ショートホイールベースのフェラーリ製パワーユニット。
RML ショートホイールベースに搭載されるフェラーリ製V12ユニット。完成に合わせて、マイケル・マロックCEO自身による解説動画が公開された。

完成したCar Zeroを使用し、英国・ベッドフォードシャーのUTAC(旧ミルブルック)テスト施設で、集中耐久性テストプログラムが間もなくスタートする。

今回、テストプログラムで酷使される前にRML ショートホイールベース初となる完成仕様のフォトセッションを敢行。さらにCEOのマイケル・マロック自身が、ショートホイールベースの誕生秘話や特徴を解説する動画も公式YouTubeで公開された。テストプログラムに関する詳細は後日発表される予定になっている。

RML ショートホイールベース、最高出力485psを発揮するV12自然吸気ユニットの詳細を公開

RML ショートホイールベース、最高出力485psを発揮するV12自然吸気ユニットの詳細を公開

英国の自動車エンジニアリング企業「RMLグループ」は、1959年製フェラーリ 250GT S…

RML ショートホイールベースを動画でチェック!

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部