ベントレー コンチネンタルGT、英国・ドイツ・米国で3つの自動車アワードを獲得

ベントレー コンチネンタルGTの高評価は留まらず。各国メディアでハットトリックを達成!

英国・ドイツ・米国で3つの自動車アワードを獲得した、ベントレー コンチネンタルGT。
英国・ドイツ・米国で3つの自動車アワードを獲得した、ベントレー コンチネンタルGT。
ベントレー コンチネンタルGTが、英国・ドイツ・米国という3つの主要マーケットにおいて高い評価を獲得、3つの映えある自動車賞を受賞した。

Bentley Continental GT

『ロブ・レポート』のカー・オブ・ザ・イヤーに選出

英国・ドイツ・米国で3つの自動車アワードを獲得した、ベントレー コンチネンタルGT。
コンチネンタルGTは、1976年に米国で創刊されたラグジュアリーマガジン『ロブ・レポート』が選ぶ2022年のカー・オブ・ザ・イヤーに選出された。

米国の『ロブ・レポート(Robb Report)』誌は、コンチネンタルGTが2004年に米国で発売されて以来3度目となる「カー・オブ・ザ・イヤー」に選出。審査は178名の読者と『ロブ・レポート』の自動車編集部員で構成され、外観、性能、豪華さと快適さ、実用性に加え「ワウ・ファクター(wow-factor:驚くようなポイント)」や収集性など、形にならない評価軸も踏まえて5つのカテゴリーで評価するもの。

カリフォルニア州ナパとフロリダ州ボカラトンで行われた2部構成のテストの結果、コンチネンタルGT スピードが10台の頂点に立ち、「カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得した。

『ロブ・レポート』の審査員はコンチネンタルGTスピードの高い性能と高級感を高く評価し、「オリジナルから飛躍的に進化している」と評価。また「4輪操舵は世界でも類を見ない」「このクルマは曲がるたびに、アクセルを踏むたびに喜びを与えてくれる」とも評している。

欧州でも高い評価を得たコンチネンタルGT

英国・ドイツ・米国で3つの自動車アワードを獲得した、ベントレー コンチネンタルGT。
2017年に発表された現行コンチネンタルGTは、発売から5年を経た現在においてもドイツと英国という重要市場において高い評価を得ることになった。

英国では、コンチネンタルGT V8が『What Car?』が選出する2022年のカー・オブ・ザ・イヤー・アワードで「ベスト・ハイエンド・クーペ」賞を受賞した。 『What Car?』は、「コンチネンタルGTの甘美さ、存在感の組み合わせは、まさに比類なきもの。これ以上デカダンな移動手段があるだろうか」と、総括した。

さらにドイツでは、コンチネンタルGTが、『アウトモトール・ウント・シュポルト(Auto Motor und Sport)』が長年開催しているベストカー・アワードのラグジュアリークラス部門で栄冠に輝いた。こちらの賞は10万人以上の読者が12部門・386車種に投票し、最終結果を決定している。

組み合わせにより可能な560億ものバリエーション

英国・ドイツ・米国で3つの自動車アワードを獲得した、ベントレー コンチネンタルGT。
エクステリアカラーや豊富なインテリアオプションにより、コチネンタルGTは実に560億ものバリエーションを実現する。

2017年にデビューした3代目コンチネンタルGTは、ベントレーの2ドアデザインとエンジニアリングの最高峰を象徴するモデル。そのエクステリアは力強い彫刻とシャープな輪郭を持ちながら、エフォートレスでエレガント、息を呑むような美しいクーペとして高い人気を誇っている。

コンチネンタルGTは、V8とV10のパワートレイン、世界で最も豊富なカラーパレット、ほぼ無限のインテリアオプションが用意されており、クラス屈指の選択肢を誇る。そのバリエーションは、実に560億通りも存在しているという。さらに、ベントレーのオーダーメイド部門であるベントレー・マリナーのサービスを利用すれば、カスタマーのイマジネーション次第でその可能性は無限大に広がる。

ベントレーモーターズは、2021年の総販売台数が1万4659台となり、過去最高を記録。その中でもコンチネンタルGTは前年比約10%の増加を達成している。

コンチネンタルGTシリーズは、10万円から50万円の価格アップとなる。

ベントレー、日本国内向け2022年モデルの価格を改定。全モデルが10万円から50万円の価格アップ

ベントレーモータースジャパンは、2021年1月5日、ベントレーの2022年モデルの新たな価格…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部