マツダが国際福祉機器展H.C.R.2021に手動運転装置付き仕様「MX-30 SeDV(セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル)」を出品

マツダMX-30
マツダはこのほど、11月10〜12日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される世界の介護・福祉機器を一同に集めた国際展示会「第48回 国際福祉機器展 H.C.R.2021」(主催:全国社会福祉協議会、保険福祉広報協会)に、発売予定の手動運転装置付き「MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル)」(以下MX-30 SeDV)など、2台の車両を出品することを明らかにした。

「MX-30 SeDV」で新たに採用した運転システムが体験できるドライビングシミュレーターも出品

マツダMX-30 SeDV

初出品のMX-30 SeDVは、誰もが自分の意志で移動したり、行動したりすることをサポートする選択肢のひとつとして、マツダが提案する手動運転装置付車。 MX-30のコンセプト「わたしらしく生きる」をもとに、カスタマーの夢を応援し、より豊かな人生を過ごしてもらうことを目指して開発された。

運転システムは、手で加減速を行うリング式アクセルとハンドブレーキを搭載。手での運転操作と、従来の足での操作の選択が簡単に行え、足が不自由な方も、友人や家族と運転を交代しながらドライブが楽しめる。また、車いす利用者の運転席への乗り移りをスムーズにする「移乗ボード」を用意している。

今回は「MX-30 SeDV」と「ロードスターSeDV」のほか、「MX-30 SeDV」で新たに採用した運転システムが体験できるドライビングシミュレーターも出品される。

●「第48回 国際福祉機器展 H.C.R.2021」マツダ出展内容
・「MX-30 SeDV」」(市販予定車):リング式アクセル、ハンドブレーキ、乗降用補助シートなどを装備した車両
・「ロードスター SeDV」(市販車):コントロールグリップ、ステアリングノブと乗降用補助シートなどを装備した車両
・「MX-30 SeDV ドライビングシミュレーター」:新たに採用した運転システムによる操作感が体験可能。両手でステアリングホイールを握って加速する新しい爽快感が感じられるよう、MX-30のコックピットに4K映像の美しい体験コースを用意。実車と合わせて体験することでより一層商品の理解が深められる

●「第48回 国際福祉機器展 H.C.R.2021」公式サイト

●マツダ公式サイト

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン