ついに! コールマンとアース製薬のコラボ商品発売。とにかく、カラーが秀逸!|クラシック・ジムニー(JA71C)でアウトドアへ

この時期のキャンパーを悩ませる、害虫。デザインが実用に振りすぎていること、少し不満じゃありませんか?

こどもの日なので、スノーピーク製などタープ用のポールを試してみる|クラシック・ジムニー(JA71C)でアウトドアへ

5月5日は子どもの日。鎧兜を出して干す、そんな時期とも重なるこの時期。江戸時代からは端午の節…

とはいえ、オシャレでありたい

昨今のアウトドアブームで、業界には多くの他業種からの参入があり、新しい商品が矢継ぎ早に出てきている。これは、アウトドアを楽しむ我々にとって、とても喜ばしいことである。
そしてついに! コールマンとアース製薬のコラボによる、この害虫対策商品がリリースされた。
中身は? 性能は? という問題よりも先に言いたい。カラーが秀逸なのである。

男っぽさをウリにしているソロキャンパーにとって、この容器のカラーが重要である。せっかく揃えたアースカラーのテントなどのキャンプグッズに対して、いままでの害虫対策商品はあまりにもカラフルすぎるのである。
そこでさっそく入手。ただし僕のいまのカラーは初夏仕様。カラーマッチング的には似合わないけれど、イメージは掴んでいただけるのではないかと思う。

種類は火を使う蚊取り線香タイプ、電気式のタイプ、吊るすタイプ、肌に直接スプレーするタイプの4種類。肌に直接スプレーするタイプは大小がラインアップされている。それに合わせて、2週間ほどヤブ蚊が来ないスプレーも目に留まったので、入手した。

アース極太虫よけ線香
どこでもつかえるアースノーマット コールマン180日用

アース虫よけマモリーネ

サラテクト ミスト コールマン

ヤブ蚊マダニジェット プロプレミアム

さて、これらの害虫駆除をしてまで、アウトドアに出かける必要があるのか? また、使うことによる自然界への影響はどうなのか? そんな問題も感じる人も多いだろう。しかし蚊を媒体としてのマラリア患者は、世界で約2億2900万人。死亡者数は約40万9000人(2019年)だ。ウイルスや細菌との戦いのなかで、人類はどうしていくのかは、迷いながらの「いたちごっこ」。これが永遠に続くと考えねばならないのだろう。もちろん自然へはなるべくローインパクトを目指すが、自分自身を守る手段はしっかりととらねばならないと思っている。

最近は人気薄なのかな?

今回の食事はちょっと懐かしい味のサウザンアイランドドレッシング(ちなみに、正式にはサウザン “ド ” アイランドドレッシングですが、通称のほうがわかりやすいので……)。マクドナルドのビックマックのスペシャルソースが似ている。でも最近は人気薄だ。そこでサウザンアイランドドレッシングでシーフードサラダ。モルタデッタソーセージのステーキにしよう。

シーフードミックスをカット野菜と混ぜ合わせて、あとはシェラカップなどに取りわければバランスのよい食事のできあがりだ。

アウトドアに限ったことではないけれど、身の安全は他人任せにはできない。みんなが行くからといって、自分は「さて、どうするか?」である。もちろん経験豊富な人の意見は重要である。少しでも不安を感じたら辞めることがベストである。きっとまたチャンスはあるはずだ。諦められずにこだわりが残るなら、そのチャンスは自ら生み出していくはずである。

著者プロフィール

伊倉 道男 近影

伊倉 道男

フォトグラファー。国学院大学法学部法律学科卒。アパレル会社にて総務人事、営業を経験。その後、但馬 治…