Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

ネツレン高周波熱錬株式会社の可変ギヤレシオ中空ラックバー 1kgの軽量化効果アリ。NSXのステアリングは、「中空ラックバー」だった!【オートモティブワールド2018】

  • 2018/01/18
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダNSXのデュアルピニオンタイプのEPS。ラックバーはネツレンの中空タイプだ

東京ビッグサイトで開催中のオートモーティブワールド2018。ネツレン高周波熱錬のブースに展示されていたのは、中空ラックバーだった。

ステアリングのラックバーとは、「ラック&ピニオン」のラックで、ピニオンギヤの回転運動を直線運動(ステアリングを左右に動かす)に変換するためのラックギヤが歯切されたバーのことだ。
ネツレン高周波熱錬のブースに展示されていたのは、ホンダNSXのステアリング・システムだ。ネツレンは、ここに「中空ラックバー」を供給している。同社は、世界で唯一「中空ラックバー」の一貫生産ライン(塑性加工〜高周波焼入れ〜仕上げ完成)を持つサプライヤー。従来の切削加工とは異なる冷間塑性技術により、最大50%の軽量化、ニヤネットシェイプを実現できるという。もちろん、耐久性、精度も問題ない。
ネツレンが得意とするのは、VGR(可変ギヤレシオ)のステアリングラックだ。可変ギヤレシオで中空ラックバーを作れるのは、同社だけだという(棒材をガンドリルでくりぬいて中空にするメーカーはあるそうだ)。

一番上のバーは、左側が中空(つまりパイプ)で、右が中実。2段目でそれを摩擦圧接して一本にする。一番下では中実部分にも歯切をしてデュアルピニオンタイプのラックバーが完成する。つまり、NSXのステアリングラックバーは、6割中空、4割中実とも言える。
ホンダNSXのデュアルピニオン式EPS

電動化、燃費規制の強化などで、軽量化へのニーズは高い。ラックバーで1kg軽くできるなら、今後の引き合いも増えていくだろう。現状では、NSXのようなスポーツカー、高級SUVなどで採用されているという。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ