テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/23
  • Motor Fan illustrated編集部

未加工面なし。一切の妥協がないフラッグシップのクランク [人とくるまのテクノロジー展2018横浜]

ユアサ工機:ホンダRC213V-S用クランクシャフト

このエントリーをはてなブックマークに追加
GPマシンを公道で走れるようにするというコンセプトと、21,900,000円という圧倒的なプライスでも話題を集めた「RC213V-S」のクランクシャフトが、クランクシャフト加工のスペシャリストとして知られるユアサ工機のブースに展示されていた。
●TEXT&PHOTO:川島礼二郎(KAWASHIMA Reijiro)

 2013年・2014年のFIMロードレース世界選手権(以降 MotoGP)のMotoGPクラスにおいて2連覇を達成した競技専用マシン「RC213V」の一部仕様を変更し、一般公道での走行を可能とした「RC213V‐S」。そのクランクシャフトが、クランクシャフト加工のスペシャリストとして知られるユアサ工機のブースに展示されていた。同ブースで展示されているクランクシャフトは、どれも特別な製品であったが、「RC213V-S用クランクシャフト」は、一目で分かるほど異彩を放っていた。

ホンダRC213V-S(PHOTO:HONDA)

 その理由は、特に手の込んだ製法にあった。一般的にクランクシャフトは鍛造パーツをベースとして、必要な部分に機械加工を施すことで生み出される。ところが、この「RC213V-S用クランクシャフト」表面は、その全てに機械加工がされている。いわゆる鍛造肌と呼ばれる鍛造されたままの表面が全くない、ピカピカの状態に仕上げられているのだ。比較として、鍛造肌が残るクランクシャフトの写真を示しておこう。

参考:一般的なクランクシャフトの例

 鍛造肌が残る一般的なクランクシャフトは+-1~2mmの公差が出るため、バランスを修正する穴あけ加工が必要とされる。ところが「RC213V-S用クランクシャフト」は、言われなければ気付かない程に小さな穴が一つあるだけだった。ほぼ設計値通り、という精度が実現している。

軽く穿たれた凹みがバランス取りのための加工

 クランクウェブ側面には、比重の重いタングステン製ウェイトが打ち込まれている。これもまた一般的にはレーシングエンジンでしか行われない加工であり、市販車への加工としては極めてレアケースである。
最新テクノロジーだけでなく、職人芸とも言える技術に出会えるのも、本イベントの魅力の一つと言えよう。

円筒型のタングステン材が2本、ウェイトとして加工されている

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated