Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. テクノロジー

ams:ソリッドステートLiDARが小型軽量かつ高信頼性を実現する[オートモーティブワールド2020]

  • 2020/02/08
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

オートモーティブワールド2020内「第12回 国際カーエレクトロニクス技術展」のamsブースに展示されているLiDARについて、エンジニア氏に詳細をうかがった。
※ 本展は業界関係者のための商談展です。一般の方のご入場はできません。

ams、Ibeo、ZF が提携、自動車業界へ向け業界初のソリッドステートLiDARシステムを提供

amsの日本法人amsジャパンは21日、自律走行やその他の アプリケーションにてソリッドステートのLiDAR技術を促進する...

あわせて読みたい

 本LiDARは上述の記事にもあるとおり、ams/ibeo/ZFの3社による共同開発。amsはレーザ光源チップと、そのチップを駆動する回路のチップセットを担当している。ibeoは本機を「4D Solid State LiDAR」と呼称、その理由は距離とレーザ反射の強さの双方で測距していることによるという。レーザの返り方の強弱を測ることで、それが人なのかクルマなのか路上の構造物なのか路面の樹木なのか——といったことまで細かく把握できるというわけだ。

LiDARによる測距の様子。右側大画面のほうが色によって遠近を示している。左側のグレースケール画面が反射の強さで、濃淡によって反射率を示している。

 そして「4D Solid State LiDAR」の何よりの特長はソリッドステート型、かつ可動部がないこと。屋根の上でくるくる回るヴェロダイン製のメカニカルスキャン型の3D LiDARはもちろんのこと、ソリッドステート型でもMEMSミラー式は可動部が存在する。レーザを広範囲で照射する構造にするためだ。

「もともとピクセルレーザというのは小さい発光エミッタの集合体で、それがアレイ状に配置されています。通常のピクセルレーザはそれがすべて一斉に発光して、たとえばフラッシュライダーだとか、そういった光源として使われますが、この『4D Solid State LiDAR』向けのチップはある特定の、行単位あるいは列単位に発光させている。例えば一列なら一列をスイープさせるようなかたちで、レンズと組み合わせることでビームをステアリングさせる仕組みとしています。だから機械的な動作を伴わずに電気的にスキャンができるのです」

 amsに限らずピクセルレーザを製造するメーカーは存在するが、同社の強みは電力変換効率。つまり電費に優れていることから、省電力回路にすることができるほか低発熱とすることもでき、より小型軽量なLiDAR設計が可能。ヘッドランプユニット内に収めるという検討もあるらしく、設置スペースの制約は確実に減りそうだ。課題はやはりコスト。しかしこればかりは数に左右される要件で、今回の小型軽量化実現が普及のきっかけになってくれればうれしいと、エンジニア氏は話してくれた。

4D Solid State LiDARの本体。サイズは120x100x70mm。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ