「中村直樹がGR86をイジるとこうなる!」ド迫力の鬼キャン&ワイドボディスタイルで勝負【東京オートサロン2023】

心臓部は2JZ-GTE改B1000Xタービン仕様で900馬力!

最新ドリフトスペックのトレンドを盛り込んで全勝を狙う

2023年はヴァリノタイヤのワークスチーム「TEAM VALINO × N-style」としてD1グランプリシリーズに参戦することを発表した中村直樹選手。そんな男の新たな相棒が、ここで紹介するド派手なGR86だ。

エクステリアは、シルクブレイズ(シルクブレイズスポーツ)の新作ワイドボディキットでフル武装。純正バンパーの形状を生かしつつ、ブリスターフェンダーやアンダーカナードなどを追加することで大迫力のスタイルを構築している。

心臓部は2JZ-GTEで、HKSのキットを使って排気量を3.4Lまで拡大。ハイカムや大容量サージタンクなども組み込まれ、まさしくフルチューンエンジンという仕様だ。ミッションにはクワイフのシーケンシャルドグをセットする。

タービンはJPターボのB1000Xをチョイス。最高出力は900ps前後を想定しているそうだ。

リヤウインドウはアクリルに交換した上で後部をバッサリとカット。トランクエンドにマウントされたラジエターへの導風経路となる。

足回りはDG-5車高調を軸に構築。アームやナックルはワイズファブのV2ロックキットを装着し、驚異的な切れ角を実現。また、ステアリングラックは逆関節症状を防止するために、サスメンバーの前側に移設されている。

フロント同様にリヤもワイズファブの調整式アームキットをインストール。デフはファイナルギヤ交換が容易なSIKKYのクイックチェンジだ。

ホイールはファボーレ(シルクブレイズのホイールブランド)とNスタイルのコラボレーションモデル『極鍛(ゴクタン)』で、タイヤにはヴァリノのペルギア08R(F265/35-18 R285/35-19)を組み合わせる。

室内の製作状況は50%と言ったところ。ステアリングとバケットシートはN-styleのオリジナルモデルを装着する。すでにシート合わせは終えており、今後はメーターなどのパーツを組み込んで競技仕様らしく仕上げていくそうだ。

「2023年は全部勝つつもりで戦うので応援よろしくお願いします!」と意気込みを語ってくれた中村選手。デビューは、シリーズ戦に先駆けて実施される2023年4月23日のD1フェスティバルとのことなので、今からその走りが楽しみだ。

TEXT&PHOTO:Daisuke YAMAMOTO (山本 大介)

【関連リンク】
D1 GRAND PRIX
https://d1gp.co.jp
VALINO TIRES
https://valino.jp

著者プロフィール

weboption 近影

weboption