モーターファン

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/08/09
  • 遠藤正賢

テュフラインランド、日本で「クラシックカーガレージ認証」を開始

認証取得第一号はマツダのレストアサービス工場となる予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
初代マツダ・ロードスター
ドイツ・ケルンを本拠地とし世界各国に拠点を持つ第三者検査機関・テュフラインランドグループの日本法人・テュフラインランドジャパンは8月4日、マツダがレストアサービスの準備を開始(詳細は下記記事参照)したことに伴い、日本で「クラシックカーガレージ認証」を開始することを発表した。

【マツダ、初代「ロードスター」のレストアサービス開始を発表】 https://motor-fan.jp/article/10000695

「クラシックカーガレージ認証」は、クラシックカーの修理・整備などを行う工場に対し、修理・整備の技術、品質、機器・設備に加え、工場の運営・管理、法令遵守、お客様対応など、11カテゴリー150項目以上の基準に基づき監査を実施し、クリアした工場に対し認証を与えるもの。

このほど認証の取得を予定しているのは、マツダが開始するレストアサービスのレストア作業を行う工場。マツダのレストアサービスは、永く大切にマツダ車を乗り続けられる環境を作るべく、レストア事業とパーツ再供給の2つで構成されており、そのうちレストア事業ではマツダが車両をオーナーから預かり、オリジナルに近い状態に車両をリフレッシュする。受付開始は2017年内、サービス開始は2018年初頭を予定している。

テュフラインランドジャパンは、このクラシックカーガレージ認証取得により、「確かなプロセス・環境で、高い品質レベルのレストア作業が実施できることが証明される」としている。

なお、テュフラインランドジャパンでは今後、同様のレストア事業を展開する自動車メーカーや修理・整備工場にもクラシックカーガレージ認証取得を促すことで、レストア文化の普及・拡大とクラシックカー修理・整備品質の向上を図っていく計画。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る