MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ホンダ > シャトル > ホンダ・シャトルが「ホンダセンシング」を全車標準装備!
  • 2017/09/16
  • 遠藤正賢

ホンダ・シャトルが「ホンダセンシング」を全車標準装備!

エンジンのファインチューンや使い勝手の向上も

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダ・シャトルハイブリッドZホンダセンシング。ボディカラーはミッドナイトブルービーム・メタリック
本田技研工業(ホンダ)は9月14日、5ナンバーサイズの小型ステーションワゴン「シャトル」を一部改良。9月15日に発売した。
「ホンダセンシング」の作動イメージ

ミリ波レーダーと単眼カメラにより8つの予防安全機能を備えた「ホンダセンシング」を全車標準装備。ハイブリッド車の「スポーツハイブリッドi-DCD」とガソリン車に採用の1.5L直噴エンジンを、それぞれのパワートレインの特性に合わせチューニングを変更して、ハイブリッド車はのJC08モード燃費34.4km/Lを実現しつつ、スムーズな加速フィールなどの運転する楽しさも進化させている。

二段階ドリンクホルダーを備えたハイデッキセンターコンソール
LEDフォグライト

そのほか、深さを二段階で調節可能なドリンクホルダーを全車標準装備。LEDフォグライトをガソリン車「Gホンダセンシング」にオプション設定し、中間グレード「ハイブリッドXホンダセンシング」および上級グレード「ハイブリッドZホンダセンシング」に標準装備した。

アップルカープレイに対応したホンダインターナビ

また、「ハイブリッドXホンダセンシング」および「ハイブリッドZホンダセンシング」にオプション設定の「ホンダインターナビ」を、アップルカープレイとアンドロイドオートに対応させている。

価格は1,770,120~2,631,960円。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る