MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/11/13
  • MotorFan編集部

【初公開】史上最強の「シボレー コルベットZ06」がデビュー!

パワーは106ps向上! ダウンフォース量は70%アップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019 Chevrolet Corvette Z06
アメリカンスポーツの代表的存在「シボレー コルベット」の最強モデル「Z06」の2019年モデルがドバイ・モーターショーにて発表された。出力アップのみならず、徹底したエアロダイナミクスへの取り組みによって前例のないパフォーマンスを披露するという。

シボレー コルベットの最強仕様となる「ZR1」。その2019年モデルが早くもドバイモーターショーにて発表された。この会場で同社の副社長自ら「前例のないパフォーマンスを実現した、グローバルなスーパーカー」だとコメントしたことに象徴されるように、昨今、激化するハイパフォーマンスカー界に殴り込みをかける意欲作だ。

フロントに搭載されるV型8気筒OHVスーパーチャージャーエンジンは、これまでのLT4からLT5へと改められ、スーパーチャージャーの容量を52%拡大、効率性の高いインタークーラーと、GMとしては初となるデュアル燃料噴射システムなどと組み合わせた結果、765ps(755hp)のパワーと969Nmのトルクを実現。これは実質、106ps&88Nmも出力アップしたことになるから驚異的な進化を果たしたことになる。

もちろん、今回のハイライトはこれだけに留まらない。エアロダイナミクスに対するアプローチはコルベット史上、過去にないほどのこだわりで、迫り出したカーボン製フロントリップスポイラーのほかに、リヤには巨大な調整式ウイング(カーボン製)を装備するオプションの“エアロパッケージ”を選択した場合、そのダウンフォース量はノーマル比70%アップを実現するというから凄まじい。しかもこのウイングは、レーシングマシンのコルベットC7.Rと同様、シャシーに直接、結合されるため強度対策も万全、サーキットでの使用も考慮して造られている。

そのほか、インテリアにはカーボン製のステアリングホイールをはじめ、スエードやマイクロファイバー、ナパレザーなど、室内にも軽量化策を採ると同時に、その質感も向上している。

気になる車両価格は今のところ未発表だが、販売開始は2018年春頃を予定しているという。



SPECIFICATIONS
シボレー コルベットZ06
ボディサイズ:全長4493×全幅1965×全高1234㎜
ホイールベース:2710㎜ 
車両重量:1598㎏ 
エンジン:V型8気筒OHVスーパーチャージャー 
総排気量:6.2ℓ 
ボア×ストローク:103.25×92㎜ 
最高出力:563kW(765ps)/6300rpm 
最大トルク:969Nm/4400rpm 
トランスミッション:8速AT/7速MT 
駆動方式:RWD 
サスペンション形式:F&Rダブルウイッシュボーン 
ブレーキ:F&Rベンチレーテッドディスク(カーボンセラミック) 
ディスクサイズ:F394 R388㎜ 
タイヤサイズ:F P285/30ZR19 R P335/25ZR20

2019 Chevrolet Corvette Z06

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
大阪モーターショー