MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/28
  • OPTION編集部

運転アシスト機能の普及に合わせて車検制度が改正される模様!

これって車検費用アップにつながるんじゃない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動ブレーキや車間距離維持装置など、最近のクルマはドライバーにとってまさにいたれりつくせりの機能で満ちあふれているが、先日、国土交通省が、それに合わせた車検制度の見直しをすることを発表した。

と聞くと、またお役所がうるさいことを言い出した、と思う人もいるだろう。が、国土交通省は別にこれらの機能に関していちゃもんをつけているわけじゃない。確かに、現行の道路運送車両法にはこれらの機能に関する規定ははないが、元々、各メーカーは道路運送車両法に抵触しないレベルで機能を追加しているわけだから、機能自体に問題があるということではない。要は、車検や定期点検時の点検項目に入っていないと言うことなのだ。

もちろん、ディーラーで車検や点検を受けているならいいが、ディーラー以外の車検業者やユーザー車検において、例えば緊急時に自動ブレーキが効くのかどうかとか、車間を測るカメラやセンサーがちゃんと機能しているのかどうかまでは点検できない。元々。点検項目に入っていないのだからそれは当然だ。

そこで、国土交通省が重い腰を上げたというわけ。道路運送車両法の改正というよりは点検項目の追加といったほうがいいだろう。

それより気になるのが、点検項目が増えることで車検費用がアップするんじゃないか? ということ。ご存じのように車検にかかる費用は税金以外はいわゆる点検代。人件費と作業代、部品代などがそれにあたる。となれば手間が増えてさらに部品代も増えるかもしれない。従来よりも費用がかかるんじゃないの? と思うのは当然だ。

改正はまだ先だが、その辺、どうなるのか、しっかり見守って行きたい。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る