MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/06
  • 遠藤正賢

次期レヴォーグ!? スバルが「ヴィジヴ・ツアラー・コンセプト」を世界初公開【ジュネーブモーターショー2018】

スペックとBピラー以前のデザインは東京モーターショー2017の「ヴィジヴ・パフォーマンス・コンセプト」に酷似

このエントリーをはてなブックマークに追加
スバル・ヴィジヴ・ツアラー・コンセプト
スバルは3月6日、同日より開催されたジュネーブモーターショーにおいて、「ヴィジヴ・ツアラー・コンセプト」を世界初公開した。

2013年のジュネーブショーで発表されたスバル・ヴィジヴ・コンセプト

2013年のジュネーブショーで発表された2ドア4シーターのクロスオーバーSUV「ヴィジヴコンセプト」を皮切りに、「Vision for Innovation」(革新のための未来像)を意味する「ヴィジヴ」シリーズを展開してきたスバル。

スバル・ヴィジヴ・ツアラー・コンセプト

「ツアラー」をテーマとしたこの新たな「ヴィジヴ」は、水平対向エンジンを核としたシンメトリカルAWDと、これまでスバルが培ってきた走り・使い勝手・安全の価値を融合させ、クルマで出かける愉しさが存分に味わえるツアラーとしての新たな価値を表現。

また、今後の自動運転普及期を見据え、進化型アイサイトとレーダー、高精度GPS・地図など各種デバイスを組み合わせた高度運転支援技術も搭載することで、長距離ドライビングにおいてもドライバーの疲労を軽減し、アクティブライフを安心して愉しむことのできる、スバルらしさの詰まったクルマに仕上げているという。

そのエクステリアは、現在のスバル車に共通するデザインフィロソフィ“DYNAMIC×SOLID”に基づき、ヘキサゴングリルから始まる前傾姿勢の硬質なボディに、内側から強い圧力で張り出した躍動感あふれる4つのフェンダーを組み合わせ、走りの愉しさを強調しつつ安心感を表現。リヤには大きなカーゴスペースを設け、道具としての高い実用性も兼ね備えた。

スバル・ヴィジヴ・ツアラー・コンセプトのフロントまわり
スバル・ヴィジヴ・パフォーマンス・コンセプトのフロントまわり

公表されている「ヴィジヴ・ツアラー・コンセプト」のスペックは、全長×全幅×全高=4775×1930×1435mm、ホイールベース=2730mm、タイヤサイズ=245/40R20、乗車定員=4名。

スバル・ヴィジヴ・ツアラー・コンセプトのサイドビュー
スバル・ヴィジヴ・パフォーマンス・コンセプトのサイドビュー

Bピラー以前のデザインは東京モーターショー2017で発表された「ヴィジヴ・パフォーマンス・コンセプト」に酷似しており、全長×全幅×全高=4630×1950×1430mm、ホイールベース=2730mm、タイヤサイズ=245/40R20、乗車定員=5名というスペックも極めて近い。

スバル・ヴィジヴ・ツアラー・コンセプトのリヤまわり
スバル・ヴィジヴ・パフォーマンス・コンセプトのリヤまわり

「ヴィジヴ・パフォーマンス・コンセプト」は次期WRXとなることが確実視されているが、この「ヴィジヴ・ツアラー・コンセプト」は、そのワゴン版である次期レヴォーグと見てほぼ間違いないだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る