MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/04/27
  • HYPER REV編集部 岩本 佳美

HKSの最新テクノロジーをクローズドコースで体験!

デモカー試乗で見て。触って。体感できる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
デモカーのステアリングを握ってパーツを体感できる貴重なチャンス!
モーターファンフェスタでは『試乗』最大級の無料体感イベントとして、様々な試乗会も開催された。HKSではクローズドコースで「アルファード」「プリウス」「レヴォーグ」「オデッセイ」「S660」といった5台のデモカーを用意し、それぞれに装着された車高調やマフラーといった最新アイテムを自分自身の運転で体感できる試乗会を開催した。コースは直線とパイロンスラロームを組み合わせたもので、HKSの説明員が同乗し、具体的な効果などを解説してくれる。今回は「オデッセイ」と「レヴォーグ」の試乗を体感した2名の来場者に感想を聞いてみた。
オデッセイにはHIPERMAX S-style Lと LEGAMAX Premiumが装着されていた。
疑問点や価格など、パーツに関する質問もその場で聞く事ができるのが嬉しい

40代男性(愛車:スバル インプレッサ)
昨年もモーターファンフェスタに来場しましたが、その時はHKSの試乗ができなかったので、今日はとても楽しみでした。ミニバンに車高調の組み合わせというのを知りたかったのですが、実際に試乗してレーンチェンジをするときに、おつりが来ることもなく、路面が凸凹している場所でもおさまりが良く程よい硬さが好印象でした。

試乗は15分間。思っているより長い時間たっぷり体感することができる。
レヴォーグにはHIPERMAX Gと SUPER TURBO MUFFLERを装着。

40代男性 (愛車:アルファード)
一度HKSのデモカーに試乗してみたいと思っていました。今回はたまたまWEBサイトを見ていて体感試乗会を知り、来場してみました。加減速時の安定感が高く、沈み込みが少ないのがいいですね。ハンドリングも好印象でした。

車種や目的に合わせ様々なタイプの車高調がラインナップされている

デモカーの試乗会といえば助手席同乗が一般的だが、今回は実際にステアリングを握ってハンドリングや加速を体感できることで、自分のクルマとの違いを的確に判断できる貴重な機会だ。WEBサイトで情報をチェックしてこの試乗会を目的に訪れる来場者がいることもうなずける。こうした試乗会をたくさん開催してほしいと感じた。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る