MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/01
  • HYPER REV編集部 岩本 佳美

東京オートサロンに展示されたBLITZデモカーにも乗れちゃう!

アルトワークスからハイエースまで!なんと8台もの試乗車が用意された!

このエントリーをはてなブックマークに追加
試乗受付はオンライン受付のみとなっており、スムーズに試乗が可能だったことも好印象だ。
モーターファンフェスタ2018 AパドックのBLITZ(ブリッツ)ブースでは、最新アイテムの展示や物販のほか、なんと8台のデモカーが用意され同乗試乗をすることができた。
試乗車はBLITZ RACING PROJECT ROADSTER/BLITZ 86 TURBO WIDE BODY (M/C後)/BLITZ SWIFT SPORT/BLITZ ALTO WORKS/BLITZ S660/BLITZ VELLFIRE (M/C後)/BLITZ CIVIC HATCHBACK/BLITZ HIACEと豊富な車種が用意された。なかでもBLITZ SWIFT SPORTとBLITZ CIVIC HATCHBACKは東京オートサロン2018でBLITZブースに展示された車両で、会場内でも注目を集めた。
試乗は専用申し込みフォームからのオンライン受付のみとなっており、試乗車と同じ車両を所有されているユーザー限定となっていた。これは商品の効果をより体感してもらうためであり、最も的確に違いを体感できるほか、試乗をするために行列に並んだうえ目的のクルマにしじょうできなかった。。。。という事もなくスムーズに試乗ができるメリットもあった。
今回は実際に試乗をした方にその印象を語ってもらった。

マイナーチェンジ後の最新モデルにDAMPER ZZ-R SpecDSCやNUR-SPEC VSR等を装備したBLITZ VELLFIRE

40代男性 (試乗車:BLITZ VELLFIRE)
ミニバンだとロールの大きさが気になっていますが、ブリッツのヴェルファイアは変なロールもなく乗りやすかったです。車内でバネレートが変更できるのは非常に気になりました。自分のクルマにもつけたい!と感じました。

DAMPER ZZ-R に加えBOLT ON TURBO SYSTEMも装備されたBLITZ ALTO WORKS

40代ご夫婦 (試乗車:BLITZ ALTO WORKS)
ノーマルとは異なる圧倒的なエンジン回転の伸びに驚きました。乗り心地は硬めでしたが安定性の良さを実感しました。試乗したことでBLITZパーツを購入したいと思いました。

走る、曲がる、止まる全てをトータルチューニングできるBLITZ
試乗こそ、パーツを味わうための最良の方法だ!

チューニングパーツはWEBサイトやメーカー、ショップの方のお話、そして口コミなどから想像して購入を決定することがほとんど。しかし、車高調など比較的高価なパーツは慎重に選びたい。特に直接乗り心地に関わるものは自分にとって硬いのか、柔らかいのか、自分と同じ車種のデモカーで体感することで一番わかりやすく評価することができる。カスタマイズを検討するユーザーは、こうした試乗会を有効に活用してほしい。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る