MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/05
  • MotorFan編集部

速報・新型ジムニー&新型ジムニーシエラ、20年ぶりのフルモデルチェンジ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

メカ・外観

 2018年7月5日、スズキが新型ジムニー&ジムニーシエラをフルモデルチェンジし、同日発売した。

 新型ジムニー、新型ジムニーシエラの主な特徴として、メーカーは、

  1.伝統の基本構造を継承し、さらに進化した本格4WD性能
  2.合理的で無駄のない機能美を追求したデザイン
  3.プロユースにも応える使い勝手を追求
  4.スズキ セーフティ サポートの搭載と優れた衝突安全性能

の4点を掲げている。

新設計されたラダーフレーム。

 メカ面では新開発のラダーフレーム構造、FRベースの機械式副変速機付きパートタイム4WD、3リンクリジッドアクスル式サスペンション、専用チューニングのR06Aターボエンジンと、シエラ用に新開発したK15Bの4項目をアピールする。

3リンクリジッドアクスルという型式自体は変わらない。

 ボディやパワートレーン、サスペンション構造などは、型式としては継承品だが、当然ただのキャリーオーバーではなく、ほとんど設計がし直されたもの。

 特にフレームはXメンバーと前後のクロスメンバーの追加、新設計のボディマウントゴムなどで、乗り心地と操縦安定性を向上させている。

ジムニーに搭載されるR06A型ターボエンジン。
ジムニーシエラのK15B型エンジン。

 ジムニー、ジムニーシエラとも、従来からエンジンが変わっている。

 ジムニーはK6A型からR06A型へ、ジムニーシエラはM13A型からK15B型へ。
 
 特にジムニーシエラは排気量までアップしているから、動力性能の向上ぶりがどれほどのものなのかが興味深い。

ジムニーXC。

ジムニーシエラJC。

 外観デザインは専門家が愛用する「プロの道具」のデザインをコンセプトとし、機能に徹した飾らない潔さを追求したという。

 車両の姿勢や状況を把握しやすいスクエアなボディに、クラムシェル型のフード、凹凸の少なくして降雪時の雪だまりを防ぐプレスラインなど、機能重視のデザインがしてある。

 ジムニーとシエラとで、オーバーフェンダーとサイドアンダーガーニッシュの有無で差別化しているのはほぼ従来どおりだ。

ジムニーのカラーバリエーション。

 車体色は、ジムニーがモノトーン9色、2トーン4パターンの基本計13種、シエラはモノトーン9色、ブラック2トーン3パターンの計12種を用意している。

 新色は悪天候の中でも目立つキネティックイエローと、逆に深い森の中で隠れる性能を求めたジャングルグリーンの2色。

インテリア

ジムニーXCのインストルメントパネル。
ジムニーXGのインストルメントパネル。
ジムニーシエラJCのインストルメントパネル。

 インテリアはオフロードなどの過酷な環境下での運転のしやすさ、各部の操作性と機能に徹したデザイン。

 水平基調の力強い基本骨格のインストルメントパネルに、ドアミラーの見やすさをねらいとしたベルトラインの段差など、運転席からの実用性向上も注目点だ。

 パッケージングでは、前席のヒップポイントを30mm後方に下げ、前後乗員間の距離を40mm拡大し、居住性を向上させている。

ジムニーXCのインテリア。

ユーティリティ

 ユーティリティ面では、荷室開口寸法と容量の拡大が目玉だ。

 リヤコンビランプをバンパー側に移して荷室の開口幅を大きく広げ、積載性を向上。

ジムニーXCのラゲッジスペース。

 防汚タイプのラゲッジフロア、脱着式のリヤシートベルト、ユーティリティナットやフック用ナット、ラゲッジボックス(XL、XGのみ)やツールボックスを装備するなどして、荷室全体の大幅な使い勝手向上を果たしている。

 荷室容量の拡大のため、従来アームレストだった後席両脇部を低い位置のトレイに代え、リヤシートを倒したときの荷室幅を拡大している。

 ラゲッジボックスと併せ、トレイ、リヤシートバックの3面がフラットとなり、実質的な荷室空間を広げた。

安全装備

単眼カメラ、レーザーレータ゛ー(ジムニーXC)。

 安全装備はおなじみ「スズキ セーフティ サポート」を搭載。

 単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ハイビームアシスト、先行車発進お知らせ機能を搭載した。

 また、「車両進入禁止」、に加え、「はみ出し通行禁止」「最高速度」の各標識をメーター内に表示させてドライバーに通知する「標識認識機能」を採用している。

誤発進抑制機能(ジムニーXC)。

 衝突安全にもぬかりはなく、運転席・助手席エアバッグに加えてフロントシートSRSエアバック゛とSRSカーテンエアバッグを全車標準化したほか、後席乗員にもシートベルトの着用を促す、後席シートベルトリマインダーを、ジムニーXGを除く全車に装備している。

 発売は発表日と同じ7月5日から。

 価格(消費税8%込み)は以下のとおりだ。

 ■ジムニー(660cc・DOHC 吸気VVTターボ・パートタイム4WD)
  XG 145万8000円(5MT) 155万5200円(4AT)
  XL 158万2200円(5MT) 167万9400円(4AT)
  XC 174万4200円(5MT) 184万1400円(4AT)


 ■ジムニーシエラ(1500cc・DOHC 吸気VVT・パートタイム4WD)
  JL 176万0400円(5MT) 185万7600円(4AT)
  JC 192万2400円(5MT) 201万9600円(4AT)
  

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る