MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/09
  • MotorFan編集部

「スポーツカーに乗りたくなっちゃいました」。Audiイベントのトークショーにて、元AKB48で女優の篠田麻里子さん

アウディのオーナー向けパーティ「Audi e-tron Vision Gran Turismo NIGHT IN TOKYO」がベルサール秋葉原にて開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディのオーナー向けパーティ「Audi e-tron Vision Gran Turismo NIGHT IN TOKYO」が 2018年8月8日(水)、東京・千代田区にある「ベルサール秋葉原」で行われた。去る8月4日(土)、富士スピードウェイで実施された「Audi e-tron Vision Gran Turismo」のデモンストレーションランにて日本女性初の同乗走行を経験した篠田麻里子さんがゲストとして招かれ、当日の模様などを来場者に報告。自身もステアリングを握る篠田さんは、同乗走行を機に、レーシングカーだけでなくスポーツカーの虜にもなってしまったようだ。

TEXT●福永貴夫(FUKUNAGA Takao)
PHOTO●MotorFan.jp編集部

「未来のクルマについていろいろ学ぶことができました」

 トークショーに登場した篠田麻里子さんは、“Audiカラー”を思わせるドレスで登場。多くの拍手に迎えられ、富士スピードウェイで2018年8月4日(土)に実施された「Audi e-tron Vision Gran Turismo」のデモンストレーションランでの模様を報告。

「バーチャルな世界のクルマがリアルなクルマになるなんて、とてもビックリしました。同時に、未来のクルマについていろいろ学ぶことができました(篠田さん)」。

 Audi e-tron Vision Gran Turismoは、プレイステイション4用レースシミュレーションソフト「グランツーリスモ」とのコラボレーションよって生まれた。アウディがデザインし、仮想世界から現実世界に送り込まれたワンオフのEVレーシングカーだ。

200kWの電気モーターをフロントアクスルに1基、リヤに2基を備えるフルタイム4WD(quattro)のEV。システム総合出力は600kW(815hp)で、パワーウェイトレシオは1.78kg/hp。前後重量配分は50:50で、0〜100km/h加速は2.5秒と驚異的なタイムを実現している。

エクステリアデザインとカラーリングは、Audi90 quattro IMSA GTOへのオマージュを基にしている。“Audi Sport”やDTM(ドイツツーリングカー選手権)マシンで採用されているパーツを装着。

こちらは「グランツーリスモ』上のAudi e-tron Vision Gran Turismo。実車とどこが違うのか教えて欲しいくらい。

「貴重な1台に日本人として初めて乗れてとても光栄です」

 デモンストレーションランでは、Audi Sportファクトリードライバーのブノワ・トレルイエ選手がステアリングを握り、助手席に篠田さんが乗り込む。

「ブノワさんの運転はスピードもコーナーも未知の世界ものでした。EV、しかもレーシングカーということで加速はとても凄かったです。ただ、音は思った以上に静かでしたね。トップスピードが300km/h近くも出ているなんて感じはしませんでした(篠田さん)」。

同イベントでは、「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサーである山内一典さんのトークショーも行われた。山内さんは、「パワーもあってコーナーも速くまわれる。ただ、音から刺激されるスピード感は感じない」とAudi e-tron Vision Gran Turismoの特性を語っていた。

Audi GTドライバー・富田竜一郎選手によるシミュレーター走行も

 イベントはコンテンツ盛りだくさんで行われた。Audi e-tron Vision Gran Turismoだけでなく、そもそもの出発点、バーチャルカーによる走行が、スーパーGT 300クラスでHitotsuyama Audi R8 LMSで参戦中の富田竜一郎選手によって行われた。

イベント会場が秋葉原ということもあってか、こんなコスチュームで来場者にドリンクが振る舞われていた。ちなみにドリンクは、色鮮やかなだけではなく光がコップ内で回転していた。お姉さんに仕組みを聞いたところ、”おいしくな〜れ”のポーズで「こんな感じです」とはぐらかされてしまった。

「行動半径が広がるので、クルマを運転するのが好きです」

「運転は好きですね。プライベートでは、EV車も含め “やさしい”クルマに乗ってドライブを楽しんでいます。今回、レーシングカーに乗るなんて、正直“怖いな”と思いました。でも、ブノワ選手の横に乗って、新たな楽しみに目覚めました。今度は、スポーツカーに乗ってドライブしたいな(篠田さん)」。

 2年前に免許を取得したという篠田さん。最先端技術が詰まった“走る実験室”のレーシングカー、しかも、“バーチャル生まれ”という稀有なオールEVの車両に乗って、“未来のクルマ”へ興味津々となった模様。さらに、レーシングカーからインスパイアされ、スポーツカーへの興味も。いつの日か、篠田さんが颯爽とスポーツカーをドライブしている姿を見かける日がくるかも……。

ステージイベントを終えて、別室でテレビ局からの取材を受ける篠田麻里子さん。Audi e-tron Vision Gran Turismoだけでなく、自身のクルマライフについて楽しそうに語っていたのが印象的だった。早く、スポーツカーに乗っている姿が見たいな。

【車両レポートはこちらから】

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る